こんにちは。

渡辺水華です。

2018年10月4日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://cryptorecorder.com/2018/10/03/three-fundamental-highlights-by-cardano-foundation-that-might-set-pace-for-a-bullish-q4/?amp

記事の内容

第四四半期の強気市場に向けて強調すべきカルダノ財団による3つのファンダメンタル

2018月10年3日

カルダノ(ADA)は今現在、暗号通貨市場の時価総額のトップ10にランクインしており、長期間このポジションを維持してきた。このブロックチェーンプロジェクトは、Emurgo、IOHK、カルダノ財団と3つの組織に支援されており、ADAネットワークをフィンテック時代の世界的プロダクトにすることを目指している。

カルダノプロジェクトは、そのプラットフォームにスケーラビリティを備えたうえで、さまざまな業界との統合の可能性を示してきた。そのイーサリアムを凌ぐ競争力は、カルダノと他のブロックチェーンとの相互運用性を表している。簡単に言えば、カルダノブロックチェーンネットワークは、いわゆる「スマートコントラクト」世代のブロックチェーンよりも高度であるということである。

カルダノ市場の見通しは、カルダノチームがいくつかのアップデートを発表できるだけの余裕を見せてきたことを考えると、第四四半期に向かうにつれて、きわめて明るい。過去数年の間、通常、この時期のデジタル資産の市場は強気であった。9月初旬以降、ブロックチェーンと暗号通貨プロジェクトにかなりの数のアップデートがあったことがその理由と考えられる。ADAとて、そのような市場効果とファンダメンタル・バリューによる恩恵を受けてもおかしくはない。

ADAのYOROIウォレットブラウザ拡張機能

今日まで、その使いやすさの問題により、暗号通貨の採用が阻まれてきた。今や、ADAユーザーは、高速起動の軽量ウォレット、YOROIブラウザ拡張機能を使って、コインを管理することができるようになった。

このため、カルダノユーザーは、ADAを管理するためブロックチェーンとの同期にハラハラさせられることがなくなり、簡単にダイダロスからYOROIウォレットにADAコインを移動させることができる。

YOROIの利点とは、オンチェーン操作と比較して、所要スペースを最小限に抑えられることにある。この軽量ウォレットは、その操作を全ブロックチェーンの複製に依存せずに済むことから、このような効率性を実現できたのである。

さらに、このポータルは、ユーザーパスワードによってセキュリティーが強化される。ウォレットのプライベートキー(秘密鍵)により、オンラインサーバーと違って、ユーザーデバイス側でパスワードが暗号化しされ、保存される。

現時点で、YOROIは、ADAコインを管理するためのネットワークをゆくゆくは強化したいと考えているユーザーのため、4言語に対応している。

誕生からわずか1年、カルダノのファンダメンタルの進捗状況

10月1日、ADAコインはそのトレードの開始から1周年を迎えた。当時、ADAは0.0217ドルの値を付けており、現在の価格は当初の4倍になっている。カルダノのICO期間中、カルダノチームは、6200万ドルの資金調達を達成し、現在はその資金を技術開発に使っている。このプロジェクトは、ロードマップの更新を定期的にするという約束を果たしてきた数少ないプロジェクトの1つとして挙げられる。

そんなICOから1ヵ月、さまざまな地域の8,000人を超える参加者からなる実働会員を抱えるフォーラムを開始した。このアルトコインの優れた特長が暗号通貨ユーザーのみならず、コインの取引所のようなマーケットプレイヤーをも引きつけた。1年以内に、ADAは、Huobi、Bittrex、Binanceなど人気の取引所も含め、30ヵ所を超える取引所に上場している。さらにADAは、ExmoやKraken取引所では法定通貨のUSドルとのペアで取引きされている。

今現在、ADAの時価総額の順位は、市場水準どおりに使用されているとした場合のファンダメンタルバリューとほぼ一致している。ADAの時価総額は、暗号通貨市場全体の0.981%に相当する20億ドルを超えている。

カルダノ財団はこのほか、テレグラムやReddit、ツイッターなどのSNSプラットフォームのような暗号通貨のサブプラットフォームに大きなオンラインコミュニティを募っており、フォロワー数は126,000人を超えている。

ADA暗号通貨(クリプト)カードの発表

カルダノは最近、ADAベースの暗号通貨カードを発表した。これは、簡単に言うと、ADAユーザーが銀行のようなデビットカード操作としてADAを活用できるようになるということである。法定通貨の代わりに、暗号通貨ウォレットに保管されたデジタル資産を利用してカードで支払いやトランザクションを済ませることができる。ただし、決済が済むとクリプトカードのADAトークンは法定通貨に換算されるため、売り手は法定通貨で支払いを受けることになる。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。