こんにちは。

渡辺水華です。

2018年6月2日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Ripple (XRP) CEO Claims Bitcoin (BTC) Hegemony to End Soon: Three Reasons Why

記事の内容

リップル社のCEO、ビットコイン(BTC)の覇権が間もなく終焉を迎える3つの理由を主張

2018年5月31日

CNBCのパワーランチのため水曜日に設けられたインタビューで、リップル社(XRP)のCEO、ブラッド・ガーリングハウス氏が注目を浴びた。自らのチームが銀行や金融機関と20件を超える取引を締結したのも驚くべきことながら、もう1つの偉大な勝利ともいうべきは、最近、クエートにある大手銀行のなかの1行と取引を締結したことであり、これも注目を浴びた出来事であった。ガーリングハウス氏はこのインタビューのなかで、リップルについて語ったが、大衆を引きつけたのは、リップルと同じように他のコインが市場で対峙するビットコインについて同氏が発言した内容である。ガーリングハウス氏は、ビットコインにはもはや、これまでリップルのようなデジタル資産に及ぼしてきたような影響力はないと主張する。

リップルや他のアルトコインの市場価格はもはや、ビットコイン(BTC)に左右されなくなるのか

ビットコインは10年ほど前、当初、サトシ・ナカモトとして知られる匿名のハッカーもしくはハッカー集団によって発行され、登場した最初の元祖デジタルコインとされている。

ビットコインはその登場以来、単価最大2万ドルの値をつけ、現在はわずか7,100ドル前後で取引されている。このことを理解しているホルダーは多くはないが、BTCは他の通貨の価格に連動する部分が大きい。

だからこそ、ガーリングハウス氏は、ビットコインの価格はリップルなどのアルトコインの価格をいくらか左右しているが、この状況は間もなく変化すると語る。

このように語った理由の1つとして、ガーリングハウス氏は、暗号通貨市場ではBTC価格がXRPなどのアルトコインの価格と連動しているが、両通貨(BTCとXRP)に不可欠とされる技術はまったく異なるものであることを挙げている。

リップルの技術の方が進んでいる

ビットコインはこれまでに作られた最初のコインではあるが、リップルとビットコインの技術をある程度分析してみれば、この2つの資産を差別化するきわめて重要な違いに明確に気づくことができる。

ビットコインはブロックチェーン技術が生み出した最初の産物であるが、これまで発行された他の通貨は後に、ビットコインに見られるミスから学ぶ機会が与えられてきた。

リップル(XRP)の効率をめぐって多くのテストが展開される間にも、ビットコインのブロックチェーン上のトランザクションに費用が嵩むようになり、リップルと比較して速度もかなり遅く、市場の他のいくつかのプラットフォームと比較してもその傾向が強い。

ガーリングハウス氏は、人々がリップルの背景にある技術の重要性を認識するにつれて、このような技術の差はきっと、ビットコインがこれまでXRPや他のデジタル通貨の価格に影響を及ぼしてきた覇権に歯止めをかけるであろうと信じている。

市場の判断が合理的になる

ガーリングハウス氏はさらにインタビューで、市場は最終的にはもっと合理的に動くようになり、人々がBTCネットワークにみられるような時代遅れの技術と、既存のエコシステムの全般的な開発と同時に新しい機能を一体化させることにも取り組むネットワークとの差に気づくようになると考えているとも語った。

ビットコインネットワークは、現実的には、ネットワークのニーズに応じて新たなアップデートを「監視」するチームがなく、このような理念によって動いているとはいえない。

これがリップル社(XRP)のCEOの信条であり、ひとたび暗号通貨への熱狂が過ぎ去れば、現実的に価値のある暗号通貨が上位に残り、結果的には時代遅れの技術は市場価値が確実に認められなくなってくると考えている。

リップル社と銀行と金融機関と

リップル社は、ウエスタンユニオン、マネーグラム、サンタンデール銀行などのような金融機関や銀行と取引を結ぶことによりインターネット上で話題になることが多いことで有名である。

リップル財団が、金融業界でも複数の名だたる機関に認められるようになるという活躍舞台で繁栄しているという事実を踏まえ、ガーリングハウス氏は、市場のXRPの価格は将来、リップル社と自らの通貨、XRPを支える技術に従って、価値を上げるようになるであろうことを信じている。

このため、ガーリングハウス氏によれば、リップル(XRP)は間もなく他の暗号通貨とともに、市場でのビットコインの覇権の終焉に立ち会うことになるはずであり、同氏の予測が現実的に起こり得るシナリオであるとすれば、今現在もなお、BTCが数週間にわたって値を下げ続け、7,100ドル前後を推移することになってるという観点から見ても、同氏の発言が一方的な見解ではないこともうなづける。

あなたは、ブラッド・ガーリングハウス氏が言うように、ビットコインは遅かれ早かれ打倒されると思いますか?

(免責事項)
当情報は、通貨の宣伝や投資のアドバイスをするものではありません。過去の成績が将来のリターンを保証するものでもありません。投資の種類として、暗号通貨は投機的投資となり、暗号通貨への投資は重大なリスクを孕んでいます。ボラが大きくハッキングの被害にも遭いやすく、資本損失や二次的作用も受けやすくなります。投資をする前に忠告を聞き、リターンがリスクを上回る可能性があるかどうかを検討してから決断しましょう。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。