こんにちは。

渡辺水華です。

「じゃ、また(あとで)ね。」は英語では、

“See you later.”ですね。

これは日本人の耳にもよく馴染んでいるかと思います。

「後で(あとで)」に当たる英語が”later”です。

laterの過去と未来

I shopped at the grocery store.
Later, I went to the bookstore.→X
私は食料雑貨店で買い物をした。そのあと、本屋へ行った。

この”later”の用い方は正解ではありません。
過去のことを言うときは、”later”は単独で使うことはできず、
“three years later”など、明確にいつの時点かを示す必要があります。

たとえば、
My favorite book disappeared.
Three years later, I found it behind the bookshelf.
私のお気に入りの本が消えてしまった。
3年後、本棚の後ろに見つけた。

単独で使えるのは、先ほどの
“See you later.”のように未来のことを言うときです。

I will check it later on.
(あとでチェックしておくね。)などのようにも使えます。

また、「そのあと」に、
“then”や”after that”を用いてもいいですね。

I arrived at the station at eight.
Then, Mr. A turned up.
私は8時に駅に着いた。
そのあと、Aさんがやって来た。

I had lunch with my friend.
After that, we went to the shopping mall.
友達をランチをとった。
そのあと、2人でショッピングモールへ行った。

~後に、いろいろ

「~後に」と言う場合、afterのほかに、
前置詞の”in”を使った表現もできます。

I will be back in a few minutes.
ニュアンスとしては、「すぐ戻るね。」ですが、
厳密には「2~3分後に戻ります。」ということです。

「2~3分以内に」なら、”within a few minutes”とするといいですね。
You should be back within a few minutes;
otherwise, we will miss the train.
2~3分以内に戻らないと、電車に乗れないわよ。

I still don’t know what to do at the new workplace,
but I will get used to the job in a few weeks.
新しい職場でまだ右も左もわからないけど、
2~3週間もすれば(2~3週間後には)仕事にも慣れるでしょう。

I got a phone call from my sister now,
so she will come in a while.
今さっき、妹から電話があったから、そのうち来るでしょう。

afterを使う場合
A few minutes after I took a shower, I went to bed.
シャワーを浴びてから、2~3分後に床に就いた。