こんにちは。

渡辺水華です。

2019年5月8日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Charles Hoskinson Speaks On Shelley Upgrade Delays And Cardano’s Team Of 50 Strong Developers

記事の要約

チャールズ・ホスキンソン氏、Shelleyアップグレードの遅延と強力な50人の開発者により構成されるカルダノチームについて語る。

2019年5月6日

チャールズ・ホスキンソン氏、Shelleyアップグレードの遅延とカルダノチームについて語る。

研究開発会社IOHKのCEOで、カルダノ(ADA)の創設者でもあるチャールズ・ホスキンソン氏は、最近、カルダノと自らのチーム全体が現在何に取り組んでいるかについて2、3の内容を明かした。なかでも、カルダノのShelleyが公式発表の前にかなりの時間を費やしている理由も説明した。

Shelleyの開始について

カルダノファンや支援者らはこのところ、Shelleyのアップデートの度重なる延期にかなり落胆している。Shelleyはカルダノネットワークが十分に自律性を備えた完全分散型となることを保証する節目となるアップグレードを意味し、そのリリースがすでに数回延期されている。しかし、ホスキンソン氏はこの遅延について、プロダクトが十分に最終製品として世にリリースされる前に、その背景で発生する多くの作業があると説明している。

「一般的に、業界でこのようなことがある場合、何が起きているのかというと、研究と開発段階が終わって初めて、(プロダクトが)一般消費者向けに製品化されることになります。なので、一般の人々は、プロジェクトの最終的な成果物、つまりすでにプロジェクトが終わってエンドユーザー向けに出された製品を目にするということです。」

締め切りが簡単に見送られる理由について

ホスキンソン氏は、どこでリリースされる製品であれ、そこには多くの研究が重ねられること、そして、人々にとって「遅延および予定や締め切りの見送り」が多いという事実に目が行くのはいとも簡単なことであると説明した。さらに、直接研究に基づいて構築されたものはいかなるものも、研究を続けていけば、現実的には当初の締め切りが難なくクリアできるものではないことがわかるはずで、どうしても時間がかかってしまうと言った。

締め切りが見送られたからといって、作業の背景にいるチームが無能とはかぎらないことも明確に述べた。事実、プロダクトに多くの新規性を盛り込もうとすればするほど、締め切りが見送られる確率が高くなる。同氏は、要点を強調するため、きわめて興味深い建設に関する説明を駆使して言った。

「ロンドンには多くの建築物があります。どこかに超高層ビルを建設しようと決めたら、掘削作業が始まります。そのときに(よりにもよって)何かの死体が発見されたとすれば、人を送って、それ(化石なり埋葬物なり)が何年前のものでどこから来たのか、どの博物館に持っていくかなどを検討する必要が出てきたりもしました。このようなプロセスには時間がかかるものなので、予期せぬ遅延も発生するのです。」

カルダノの大規模な技術チーム

時価総額ランキング世界10位の暗号通貨のCEOによって明らかにされた内容の中でも際立つのは、カルダノの開発プロセスの開放性と透明性である。チームは50人を超える技術者で構成されているといった内容も興味深い。ホスキンソン氏によれば、

「多くの人がしているように、(カルダノプロジェクトの)Githubレポジトリへ行けば、毎日、コードが書き込まれているのが見られます。技術チームの規模については、50人を超える技術者がフルタイムで働いています。このこともGithubレポジトリによって立証することができます。」

カルダノと暗号通貨の採用について

暗号通貨が少しでも気になったことがある人であればきっと、その採用を進めていくにあたり、できることがあれば何にでも興味を抱くであろう。また、ホスキンソン氏は、暗号通貨の使用率を特にまだ使ったことのない人々の間で適正に上げていくには、問題の解決法として暗号通貨を提供するのが最善の方法であると言った。同氏の意見によれば、これは暗号資産を購入することによって資金を投じさせるようなやり方よりも効果的な方法であるという。

(要約:渡辺水華)
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断でお願いします。

以上をご了承の上でご利用ください。