こんにちは。

渡辺水華です。

2018年8月8日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
英文記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://bitcoinexchangeguide.com/charles-hoskinson-releases-new-cardano-ada-updates-to-community-via-video/amp/?__twitter_impression=true

記事の内容

チャールズホスキンソン氏が動画でリリース!コミュニティーに向けて語った新たなCardano(ADA)アップデートの内容に迫る…

2018年8月7日
by Bitcoin Exchange Guide News Team

暗号通貨のコミュニティーをフォローしていれば、カルダノ創設者、チャールズ・ホスキンソン氏のことを耳にしたことがあるかもしれない。最も重要な暗号通貨の1つを創出した同氏が、最近、ツイッターで自らのトークンに新たなアップデートがあることを発表した。

カルダノ1.3

ホスキンソン氏によれば、ネットワークのカルダノ1.3バージョンがついに品質保証を通過し、今にも実装されるという。アップデートは明日提出され、3、4日中にオンラインで公開される。

ホスキンソン氏は、ネットワークについては多くの改善が果たされたことを確約した。たとえば、今現在、ネットワークのメモリ使用量は以前より90%少なくなっている。ネットワークそのものにもかなり強固な改善点があり、その改善率は約300%にもなるため、ブロックごとのダウンロードが速くなる。

ネットワークについても効率面でも改善点が多く、接続に関する問題の多くが解決するため、ネットワークがさらに安定するはずである。

カルダノ1.4とシェリーについて

ホスキンソン氏は、次のアップデートが準備されていると言うにとどまらず、9月には1.4のアップデートのリリースが控えており、すでに準備段階に入っていると言う。これまでで最も大規模なアップデートであり、ファイルシステムからの移行が大幅に改善されることにより、ネットワークの速度にも影響を及ぼすことになる。ウォレットソリューションも実装される。

ホスキンソン氏は、開発チームがシェリーに懸命に取り組んでいることを強く主張し、アップデートは今月準備されるはずであると言った。これまでに多くの問題が解決されてきた。ネットワークスタックのように、シェリーならではの問題点の多くがすでに解決しており、考えていたよりも時間がかかったが、それもすでに終わっている。

プロメテウス

ホスキンソン氏が動画で語った他の内容の1つにプロメテウスがあり、そのコードはRustに基づいている。プロメテウスにはさまざまな機能が揃えられ、サードパーティー企業が自社製品にそれを利用できるようになる。このプロダクト(プロメテウス)はすでにモバイル機器上で検査を受け、合格している。

プロメテウスをベースとする新たなクロム拡張機能も今後、発表されるため、これについてもさらにアップデートが待たれる。プロメテウスはフォーマルコードとは異なり、その主な目標がデスクトップコンピュータとは違う技術によって容易に展開することができるようにするものであるため、主にサードパーティー(第三者)によって利用されることとなる。このプロトコルも分散型、つまり本来のカルダノプロトコルと同じである。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。