こんにちは。

渡辺水華です。

2018年5月31日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Charles Hoskinson Talks About Cardano (ADA) – Update 1.2 Upcoming

記事の内容

チャールズ・ホスキンソン氏、来たるカルダノ(ADA)アップデート1.2について語る

2018年5月25日

アルトコインニュース

チャールズ・ホスキンソン氏は、短い休暇から戻り、米国コロラドからツイッターのライブ配信の発表により、コミュニティーに最新情報を伝えた。ホスキンソン氏は、このところ期待されていたカルダノ1.2のアップデートについてコミュニティーに最新情報を伝えるという目的で、大衆とツイッターのフォロワーに向けて講演した。5月24日、カルダノ(ADA)のCEOから流された発表によって、長い間待たれていたカルダノバージョン1.2の最新情報についてさらに多くの情報が得られる機会があった。チャールズ・ホスキンソン氏が発表した内容は以下のとおりである。

チャールズ・ホスキンソン氏がコミュニティーに向けてカルダノアップデート1.2に関する最新情報を語る

チャールズ・ホスキンソン氏は、カルダノCLテストネットのリリースについて大衆に講演した昨日、5月24日、コミュニティーに向けて語り、併せてカルダノアップデートバージョン1.2について触れた。

以前からカルダノ(ADA)情報を追い続けていれば、チャールズ・ホスキンソン氏が3月にカルダノアップデートのリリースを発表し、4月中旬には新しいアップデートがリリースされるとの構想を語ったことを知っているにちがいない。

その4月中旬はとうに過ぎ去り、カルダノチームからはアップデートについて示されることも語られることもなかった。だからこそ、カルダノのCEOは、大衆に向けて講演し、すでに語られたカルダノCLテストネットとバージョン1.2のアップデートについて最新情報を発表する決意をした。

その構想とは、最新バージョン1.2をペーパーウォレットとともにリリースすることであり、併せてセキュリティーの強化、システムの改善、ネットワークの修正、かつネットワーク機能の改善によってユーザー側の使い勝手をスムーズにするというかたちで新規性を発揮するというものである。

また、チャールズ・ホスキンソン氏は生出演により、以前設定したリリース日が遅れた理由として、あらゆる機能を欠陥のない状態でローンチさせるにはネットワーク上でしなければならない作業が多かったという事実を挙げた。

さらに、最近のアップデート機能のテストがきわめて重要であるため、ADAチームがAllied FirmsとKubikという検査会社2社と手を組んだ。

この2社は、機能テスト、回帰テスト、最後にスモークテストを含めたいくつかの要素に関する新しいアップデート機能の検査を実施する。

このような検査を余すところなく実施することにより、検査の間にシステムが修正され、発見されたエラーのバグを取り除き、この手順を踏んでネットワークが修正され機能することができるようになるのである。

主な構想は、なるべく多くのユーザーをサポートすることができる新しいアップデート機能を備えたネットワークにすることである。

カルダノCEOは、バージョン1.2のカルダノ(ADA)アップデート機能について、全体的なセキュリティーを高め、機能を強化し、バグを修正することを語ったほか、夏と秋に向けてのチームの計画について語った。

さらには、今後、近い将来に向けてこの計画について発表することがあるという。夏と秋の計画について詳細は明かされなかったが、チームがCardano’s Treasury、RENA、および(Ouroboros) Hydra(システムの主要コンポーネント)に対処する予定であり、夏と秋にはこのプロジェクトについてさらに新しい情報が期待できる。

オーランドからのライブ発表で、チャールズ・ホスキンソン氏が、来週中に新たなアップデートのリリースを予定していること(つまりはそのリリースが6月初旬にあること)を言うと、その発表に対する反応が多くのファンを熱狂させることとなった。

以前に設定されたリリース日よりも若干遅れてはいるが、コミュニティーは再度、発表された新たなバージョン1.2のリリースを心待ちにしている。

しかし、Redditの住人のなかには、ADAのCEOが新たなアップデートとカルダノの将来については語ったが、その通貨であるADAの未来については多くを語らなかったことに気づく者もいた。

しかし、ホスキンソン氏は、カルダノ(ADA)が狙いとするのは、機能と技術面での進歩という観点からの競争力であり、市場価格ではないと主張する。

多くのADAホルダーにもきっと異存はないであろう。

カルダノと市場

デジタル資産の大半がドルに対して上昇トレンドにあるなかで取引された1日後、市場の多くの通貨が再び今日のトレンドで下落したことがわかる。

ADAもこの例にもれず最近の市場の様変わりとともに値を下げて、ドルに対しても下げ相場で取引されている。

最近の市場の様変わりの後、カルダノ(ADA)は対ドルで2.52%まで下落し、BTCに対しては1%以上値を下げた。

最近の価格の変化に続き、現在ランキング8位のこの通貨は、単位あたり0.20ドルで取引されている。

(免責事項)
当情報は、通貨の宣伝や投資のアドバイスをするものではありません。過去の成績が将来のリターンを保証するものでもありません。投資の種類として、暗号通貨は投機的投資となり、暗号通貨への投資は重大なリスクを孕んでいます。ボラが大きくハッキングの被害にも遭いやすく、資本損失や二次的作用も受けやすくなります。投資をする前に忠告を聞き、リターンがリスクを上回る可能性があるかどうかを検討してから決断しましょう。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。