こんにちは。

渡辺水華です。

2019年1月26日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://toshitimes.com/cardano-stakepool-taskforce-and-staking-update/

記事の内容

カルダノステークプール任務部隊とステーキングアップデート

TOSHI TIMES
2019年1月24日
Justin Caldwellさん

最近、チャールズ・ホスキンソン氏は、YouTube上でカルダノプラットフォームの進捗状況と今年ADAに期待できそうなことについて、コミュニティに向け、最新情報を語った。ホスキンソン氏は、ステーキングと委任がカルダノ(プラットフォーム)とどのように協働するかについて詳しく触れた。同氏は動画の中でカルダノでは NXTやCasperとは違う進め方を計画していると述べた。

ステークプール任務部隊の創出

ホスキンソン氏はステーキングに関する疑問点を挙げたリストを添付したドキュメントを作成するステークプール任務部隊を確立することを計画している。そのあと、ステークプール任務部隊のナビゲーター(ブラウザ、閲覧ソフト)によってリストアップされた疑問点を体系的に篩にかけ、一般の人が入手できるような手引書のようなものを提供する。

現時点では、カルダノのステーキングプロセスがどう機能するかに関する説明は、複雑な数学的記述しか入手することができない。この手法は暗号通貨を始めたばかりでこれからカルダノのことを知ろうとする人にははっきり言って優しくはない。

ホスキンソン氏は、動画下に作業部隊に登録するボランティアを募るフォームを公開している。また、ステークプールの管理に興味がある人もこのフォームに記入して登録するよう勧めている。

テストネットから製品化への移行

テストネットに関しては、ウォレットバックエンドがカルダノから切り離される。この時点でプロジェクトは新しいハスケルプログラミングか、そのRustコードのいずれかに接続できる。現在、Rustコードは開発途上にあり、それもShelleyリリースの一環になりそうである。これはカルダノロードマップでは次のフェーズ(段階)に該当する。

分散化近し

ホスキンソン氏は、Shelleyリリースの話題のほか、OBFTが最初の時期の全スロット上で実行されることを明かした。結局はスロットがステークプールへと移行し続けるようになり、つまりはその時点でOBFTがゼロスロットを実行することになる。その時点でカルダノによりそのネットワークの分散化が確保される。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。