こんにちは。

渡辺水華です。

2019年1月9日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) – Setting the standards in crypto engineering: The future is bright

記事の内容

カルダノ(ADA)により暗号技術の基準が定まる。未来は明るい。

IOHKチームは、カルダノ(ADA)に関して目を見張るような仕事をやり遂げた。チームは、プロジェクトを科学的研究に根づかせ、やがてはウロボロスのようなとてつもない飛躍的進歩につなげた。ウロボロスとは、最初に証明され、査読を経たプルーフ・オブ・ワークアルゴリズムである。チャールズ・ホスキンソン氏は、最近のインタビューで、カルダノの能力を市場の他のプラットフォームに対比させながら、次のように語った。
(注:「ワーク」は「ステーク」の誤りの可能性があります。)

「われわれが成功すれば、カルダノと競合するには、われわれの技術を真似るしかありません。つまり、業界全体のソフトウェアの品質が劇的に向上するということです。もしこれがわれわれの唯一の業績であって、商業的成功を収めなかったとしても、みんなにとって世界がもっと良い場所になるのですから、それだけでもすごいことです。」

要するにこれは、カルダノ(ADA)の技術が最高であり、他のプラットフォームはこれを真似ることができるにすぎないというのである。これまでに成し遂げられたことを知れば、チャールズやIOHKチームが真の意味で基準を定めつつあることに疑う余地はない。

IOHKは、カルダノに対して多面的な手法をとってきたため、他のブロックチェーンプロジェクトよりも頭一つ抜きん出たプロジェクトになっている。カルダノは単なる技術を超えた存在で、社会的要素も備えているため、このことがその採用率を押し上げることになろう。たとえば、チャールズは、開発途上国を縦横に飛び回り、政府との関係を培おうとしてきた。これまで、カルダノチームは、いくつかのアフリカ政府との関係を築いてきた。中でも重要なのは、ルワンダとエチオピアである。また、モンゴル政府との関係も確立させてきた。このような関係は短期的には大きな意味をなさないかもしれないが、長期的にはこの関係によってカルダノは、採用に向けて良い位置に置かれるようになり、他のプラットフォームブロックチェーンの先を行けるようになる。

技術的成功には、技術力だけがあるよりも、このようなことが大きく響くからである。社会的側面も同じように重要なのである。

このほか、技術面でもカルダノは、何マイルも先を行くプラットフォームであり、チャールズも言うように、他のプラットフォームはそれを真似ることしかできないというわけだ。スケーラビリティは、現時点でブロックチェーンが直面している最大の問題である。事実、エコシステムの中で最も大きいDappsプラットフォームであるイーサリアム(ETH)が常に解決しようとしていたのがこの問題なのだ。また、この問題の解決を試みるプロジェクトは多いが、そのほとんどが中央集権的であり、そもそもブロックチェーンの真髄そのものを無効にしている。カルダノは、トップレベルのセキュリティーと分散化を兼ね備えながら、スケーラビリティの問題を解決した唯一のプロジェクトである。スケーラビリティとセキュリティーと分散化を兼ね備えていることは、ブロックチェーンテクノロジーの成功に一役買うことから、このことによってもカルダノは、市場で最も力強いブロックチェーンの1つといえる。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。