こんにちは。

渡辺水華です。

2019年2月1日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://u.today/cardano-price-prediction-update-reasons-why-2019-will-be-good-for-cardano

記事の内容

カルダノ価格予想(最新情報)2019年がカルダノにとって良い年になる理由

2019年1月30日

カルダノはこれまでイーサリアムキラーとよく言われ、その異名をとるだけのことはあると証明され始めており、2019年がカルダノにとって良い年になる可能性がある。

カルダノは、競争力のある暗号通貨と言う点から見ても本物であり、その成長力とポテンシャルは増すばかりである。ということは、2019年はカルダノの価格が爆上げし、イーサリアムに追い付く年になるのだろうか。

カルダノは前イーサリアム共同創設者、チャールズ・ホスキンソン氏から生み出されたプラットフォームでもあり、今後、ブロックチェーン上にスマートコントラクトを実装するために創出された。カルダノはイーサリアムに追い付き、イーサリアムを「食う」と明言している。

2018年はイーサリアムにとっても芳しい年ではなく、その成長率も採用率も落ちていることから、カルダノが攻撃を仕掛け、イーサリアムから王冠を奪うべくのし上がるにはうってつけのタイミングである。

もしこれが本当だとして、カルダノを取り巻くポジティブニュースを加味すれば、間違いなく価格は上昇するであろうし、ADAの価格予想も2019年は塗り替える必要がある。

垣間見えるポテンシャル

振り返ること2018年1月、カルダノは他の多くのコインと同じく、新高値を付け、その最高値か1ドルを超えた。しかし、今やその価格は0.04ドルにまで落ち込んでいる。

多くのコインがこの時期、それを巡るハイプや投機よりも自らのプロジェクトを固め、構築しようとしていると言われており、そのため、カルダノは基礎作りやアルゴリズムへの取り組みから始めている。

カルダノが開発し、改良を加えたアルゴリズムは3種類で、ウロボロス、ウロボロス・プラオス、最新版のウロボロス・ジェネシスと呼ばれるものである。

ウロボロスは、安全性が証明され、昨年暗号通貨業界に受け入れられるにあたり、査読を経た史上初の数学的プロトコルである。

前進あるのみ

さらに、カルダノは運営の拠点をこれまでよりもはるかに暗号通貨に優しいワイオミング州に移した。州知事は、ブロックチェーンに対する賞賛の意を表しており、州としても最近、ブロックチェーンと暗号通貨の格付けに関するいくつかの有望な法案を申請している。

また、カルダノはそのテクノロジーをアフリカの発展に活用することを目指し、その適用範囲を移行させている。カルダノは、GPS座標を使って土地を特定できるデジタルブロックチェーン不動産登記を構成したいのだという。これによって、不動産の所有者であることが証明でき、所有権譲渡もきわめて低コストで実現できる。

ルワンダは、ブロックチェーンテクノロジーやデジタル世界への変換を受け入れるところまで来ている。カルダノは、そのレジャー(元帳)をブロックチェーンシステムに取り付ける予定である。

価格予想

カルダノの価格がどこへ向かっていくのか、特にこの12カ月間の下落をみれば、これを見越すのは難しい。しかし、ブロックチェーンについては、前途有望でポテンシャルが高い。カルダノが今後、持続的に成長を続けることができ、基礎が固まれば、いくつかの点でイーサリアムよりも好まれるようになる力強いチャンスがある。

もし、イーサリアムがカルダノがすでに備えているプルーフ・オブ・ステークプロトコルへと移行する同類のコインたちとの競争から抜きん出ることがなければ、イーサリアムのライバルのうち1つが入り込めるほどの大きな隙間ができるであろう。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。