こんにちは。

渡辺水華です。

2018年12月22日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) has overcome the engineering challenges of 2018: Reason to be bullish in 2019

記事の内容

カルダノ(ADA)が2018年の技術的課題を乗り越えた今、2019年強気相場へと向かう理由

2018年12月20日

本日、チャールズ・ホスキンソン氏は、コミュニティーに向けてサプライズAMAを配信し、2019年にはカルダノ(ADA)の技術開発が速く進むことが明らかにされた。同氏によれば、2018年、開発に時間がかかった理由の1つが、正しく文書化されていないコードベースの処理に取り組んでいたことであるという。当初、そのコードベースの作業を請け負っていたエンジニアたちがすでにIOHKを辞めていたのだ。

しかし、このような課題を抱えていても、IOHKチームは正しく文書化された新しいコードを書くことができ、古いコードが抱えていた従来の問題点を回避することができた。その実例が、チームがウォレットコード全体を完全に書き換えたことである。

さらに開発が進むと、新しい機能の公開が容易くなり、簡単にテストができるようになる。2019年に期待されている開発段階の1つがシェリーのリリースで、チャールズ・ホスキンソン氏はコミュニティに、2019年の第一四半期にそのリリースを確約している。シェリーがリリースされれば、カルダノはステーキングプールをとおしてプロジェクトに全面的に関与するコミュニティに対して完全に分散化されることになる。

しかし、開発を早めるのに最も重要なのは、カルダノを取り巻くFUDのほとんどが消え去り、カルダノ(ADA)への新たな資金の流入が促されることである。カルダノ(ADA)の大きな欠点として常に注目されていたことの1つが、開発プロセスに時間がかかりすぎるということである。論点となるのは常に、カルダノがロードマップを完成させるまでに、他のプロジェクトが市場で優位に立つようになってしまい、カルダノの価値に不利に働いてしまうということである。今は、進捗が早まり、新たな開発が市場に出回るのも早くなる可能性があるため、このようなFUDの根拠はもはやなくなってしまうであろう。このことが、需要を後押しする重要な要素となるカルダノを取り巻く気運を高め、カルダノ(ADA)に対する需要を押し上げていくことになろう。

IOHKによるこの動きは、IHOKの能力を示すものである。なぜなら、このチームがどうにかしてゼロから新しいコードベースを構築したという事実があり、なおかつロードマップを外れていないことがチームの技術的能力の兆候となっているからである。技術的能力は暗号通貨の根本的な価値を生み出す要素の一部であり、チームに能力があれば、技術的に健全なプロジェクトを提供できるということで、このことが採用に至るかどうかの鍵となる。

カルダノ(ADA)は、第三世界の金融情勢を変えることを狙いとするプロジェクトである。開発者がスケーラブルで効率が良く、スピードが速い分散型プラットフォームでシステムを作り上げることができるようなプラットフォームを提供するという目的もある。カルダノは世界を変える手段を備えたプロジェクトの1つであり、2020年にロードマップが完成した暁には、分散型エコシステムの中で最も重要なプロジェクトの1つとなり得る。

そのような使用例とチームの能力の高さを踏まえると、カルダノ(ADA)が3セントで取引きされているとは、この市場ではかなり過小評価されている暗号通貨と言うに容易い。しかし、最近の価格の上げをみても、カルダノは長期的には最も価値のあるプロジェクトの1つとして台頭することが考えられる。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。