こんにちは。

渡辺水華です。

2019年1月6日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) – Things to look forward to in 2019: Ledger support & more awareness in the developing world

記事の内容

カルダノ(ADA)2019年に期待すること ~レジャーサポートと開発途上国の意識の高まり~

2019年1月4日

2019年も4日目、暗号通貨市場に強気相場の勢いを示す兆候はみられない。しかし、2018年、ほとんどの暗号通貨が技術開発面などでとてつもなく大きな進歩を遂げた。2018年進捗が良好であった暗号通貨の1つがカルダノ(ADA)である。2018年、カルダノ(ADA)の進捗は良好で、最新のロードマップからみても未だ向上し続けており、今後の採用に向けてさらに準備を整えている。

カルダノ(ADA)の投資家が期待できることの1つがレジャーサポートである。カルダノはすでにTrezorと統合しており、これはIOHKがコミュニティに対応を任せていたことであった。レジャーとTrezorの設定がかなり似ていることから、カルダノコミュニティはレジャーサポートも2019年に達成できることの1つとして期待できる。事実、今年、待望してやまないことの1つなのだ。レジャーサポートについては、さらに多くの長期投資家たちをカルダノ(ADA)に引き込み、取引量を押し上げることになろう。

コミュニティが期待できるもう1つのことは、開発途上国でカルダノ(ADA)に対する意識が高まることである。カルダノ(ADA)は根本的に開発途上国のための金融業務システムである。開発途上国の人々は、カルダノをとおして、自身のニーズに合わせた金融ソリューションを開発することができるプラットフォームを得ることができる。この目的を達成するには、人々はカルダノ(ADA)や自分たちが抱える問題点に対してカルダノが提供できるあらゆるソリューションについて知る必要がある。IOHKチームはそうなるときがくると確信しつつある。

たとえば、IOHKの教育部門長のLars Brunjes氏は、エチオピアとウガンダで女性たちにハスケルを教えるため現地へ向かう途中であることをツイートした。同氏はフォローアップツイートで、IOHKが男性の教育フォーラムをいくつか開設していること、IOHKとしては女性が取り残されるのが不本意であることから、今回の出張は女性に焦点を当てたものであることを語った。IOHKチームのこのような動きから、年末までに開発途上国でカルダノの存在が定着していくことは明らかである。このことにより長期的な成長に向けてカルダノのポジションがさらに高まることになる。

このような明確な進捗と相まって、技術開発面からも市場への到達の面からも2019年のカルダノの見通しは良好である。このような開発内容がこの1年をとおしてカルダノ(ADA)の価値を押し上げると考えられる。このほか、カルダノの成長は市場全体の成長によって支持されるであろう。この1年の間に価格が下がってしまった分だけ強気相場が見えない現状ではあるが、ブロックチェーンは成長を続けている。これは、ある時点で暗号通貨が再びのし上がり、カルダノ(ADA)が勝利を収めるプラットフォームの仲間入りをするということである。カルダノはほとんどのプラットフォームブロックチェーンと比較して技術的に優れており、IOHKチームが積極的にこのプラットフォームを市場に押し出している。このように見通しが良好であれば、現在の価格は長期投資としてエントリーするには良い価格である。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。