こんにちは。

渡辺水華です。

2019年4月9日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) – IOHK Symphony is a nice way to drive adoption by simplifying blockchain

記事の要約

カルダノ(ADA)-IOHKシンフォニーは、ブロックチェーンの簡素化によって採用率を押し上げる素晴らしい方法

2019年4月7日

ブロックチェーンテクノロジーはここ10年間、あちこちで登場するようになり、採用率の面では大きな進歩を遂げたが、それでもまだ道のりは遠い。一般の人はブロックチェーンの概念やそれによる生活の向上性についてまだ十分に把握していない。なぜなら、この技術は専門技術者にだけ魅力的に示されることが多いからである。このようなやり方では、テクノロジーのイロハを知っているだけの一般人には響かない。

目下のところ、人々はせいぜい暗号通貨が爆上げしたときにこのテクノロジーに突き動かされるだけで、この状態は長続きはしない。人々がこのテクノロジーゆえにこのテクノロジーと触れ合ってこそ、価格が付いてくるものである。IOHKチームはそのことを理解しているため、シンフォーニー構想に行き着いた。シンフォニーとは、IHOKチームがブロックチェーンテクノロジーを映像と音声によって表現するという素晴らしい構想である。IOHKチームは、バーチャルリアリティーおよび拡張現実デバイスによってこのテクノロジーを可視化する。

ブロックチェーンを観たり聴いたりすれば、このテクノロジーのパワーの概念を理解しやすくなる。この構想は、現時点での暗号通貨の価格がどうであろうと、このテクノロジーの採用に大きな役割を担うのである。これは、NASAをはじめとする宇宙局が宇宙の事物を興味深く演出するのと同じことである。たとえば、星や惑星などの宇宙の表情が生データというかたちで表されているだけでは、そのようなものをYouTubeの宇宙動画として見ても、退屈なだけではないか。そのようなものに注目する人は多くはないであろう。しかし、宇宙は魅力的で人々から愛されている。なぜなら、宇宙で起きていることが可視化され、音声によっても確認できる手段があるからである。まさにそれが、IOHKがブロックチェーンによって達成したいと願う目標である。

これまでのところ、この構想は素早く軌道に乗っている。IOHKによるブロックチェーンの可視化がブリストルで始まり、このイベントに100人を超える人々が集まった。このことは人々が興味を引かれていることを示している。この構想が世界的なものになった瞬間、ブロックチェーンテクノロジーに対する興味関心が大きく育っていくであろう。もちろん、これはIOHKのプロジェクトの一環であり、カルダノは、人々がブロックチェーンやブロックチェーンの可能性が社会に及ぼす影響を理解するようになるにつれて、採用率を獲得するプロジェクトの1つとなる。このブロックチェーンに対する関心が益々大きくなれば、カルダノの価値もほぼそれにつられるように増大するであろう。

このような根拠により、カルダノは今年注目すべきプロジェクトの1つとみていい。このプロジェクトは認識を生み出す動きを作り出すのみならず、技術開発の面でも大きな前進を果たしつつある。たとえば、今現在、Shelleyのリリースが進行中であり、これによってカルダノは完全に分散化されたプロジェクトとなる。カルダノに投資する素晴らしい瞬間となることは間違いない。このプロジェクトには、真に2017年の最高値を上回る年にするチャンスがある。未だ0.10ドルで取引されているこのときに参入する投資家たちにも大きく報いる可能性がある。

(要約:渡辺水華)

(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。