こんにちは。

渡辺水華です。

2019年1月4日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) – Charles hints at something big coming up: Time to stock up on ADA?

記事の内容

カルダノ(ADA)のチャールズが大きな発表をほのめかす。今がADAの買いだめどきか。

2018年12月29日

数時間前、チャールズ・ホスキンソン氏は、もうすぐカルダノについていいニュースが聞けるよとツイートした。このツイートにコミュニティが湧いた。オンラインコミュニティのほとんどの人々がShelleyのことではないか、レジャーとの統合ではないか、またはコインベースへの上場ではないかと憶測している。いずれにせよ、コミュニティはこれは重大事であろうと期待している。なぜなら、チャールズもカルダノチームも概ね、発表については、特にその発表に意味がなければ常習的に発表することはないからである。事実、ほとんどのカルダノの発表とAMAは、大半の人々には理解しにくいような技術的、学術的な内容で、その目的といえば、プロジェクトの技術的な側面を正しく理解してもらうためであり、煽りによって価格を爆上げさせることではない。

この大きな発表を越えたところにも、カルダノ(ADA)には長期にわたり強気相場となる理由がたくさんある。カルダノは、現実的にブロックチェーンを次の段階へと引き上げる可能性があり、社会を変えるプロジェクトの1つである。カルダノを変換をもたらすプロジェクトにしている側面の1つが、スケーラビリティーを高めると同時に分散化とセキュリティーを維持する能力である。この内容は、アプリケーションの開発をするにあたり、ブロックチェーン技術が大衆に受け入れられることへの障害となってきた問題である。

カルダノは、PoWほどのエネルギーを必要とせずにカルダノのスケーラビリティを高めるプルーフ・オブ・ステークを科学的に検討したウロボロスをとおしてこの問題を解決した。これは、カルダノが市場で牽引力を獲得すれば、このウロボロスによって、カルダノがDapps市場の最先端を行くことになるため、重大事であり、かつ現実からかけ離れた話でもないであろう。中央集権的なインターネットではセキュリティーやプライバシーの面で不具合が生じることもその理由である。このような問題が大衆に明らかになるにつれ、今後、Dappsがさらに卓越性を獲得するであろう。ウェブの父と考えられているティム・バーナーズ・リーはすでにウェブを分散化させるプロジェクトに取り組んでいる。ウェブというものが取るべき方向へと向かっていくパイオニアたる姿である。分散化されたウェブが形になるにつれ、主流となる分散化アプリケーションの開発を効率よくこなすことができるプロジェクトが繁栄するであろう。奇しくもカルダノはそのようなアプリケーションを扱うことができるプロジェクトの1つであるため、長期的に繁栄することになるであろう。

また、カルダノは開発途上国に焦点を当てることによっても支援を受けている。開発途上国の金融事情に関しては、重大な不均衡があり、世界の貧困に喘ぐ人々のほとんどが、既存の金融システムの中で恩恵を受けることに大きな問題を抱えている。カルダノ(ADA)は、このような人々がニーズを満たせるような金融ソリューションを創造することができるプラットフォームになることを目指している。カルダノはすでにエチオピアやルワンダのような国々に大きく進出している。これはカルダノにとって大きな戦略的活動であり、カルダノが開発途上国の金融サービス産業に不可欠な存在になることも考えられる。このように採用されていけば、今後、カルダノ(ADA)の価値が顕著に上昇することになろう。

本質的に、カルダノ(ADA)の長期的展望は、近いうちに発表があるとないとにかかわらず、素晴らしいものである。プロジェクトに専念するチームを思えば、カルダノ(ADA)が1ドルを下回る価格で取り引きされているとは、市場で最も過小評価されたプロジェクトの1つであり、マクロ情勢が良い方向に変化すれば、将来、カルダノ(ADA)が5ドルを超える価格を付けて取り引きされることも容易に考えられる。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。