こんにちは。

渡辺水華です。

2019年2月5日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) – Will Sonic be implemented on Cardano?

記事の内容

カルダノ(ADA)、ソニックはカルダノ上で実装されるのか。

2019年2月4日

数時間前、チャールズ・ホスキンソン氏は、ソニックのホワイトペーパーについてツイートした。それはSnarkにとって大きな進歩であり、そのことでコニュニティーは興奮に湧いた。その興奮は、ソニックがスケーラビリティと匿名性に向けた大きな一歩となるという事実から来ている。そのホワイトペーパーには、

「ソニックは、普遍的かつ継続的に更新できる構造を備え、容量が直線的に拡張する参照文字列をサポートする。ソニックプルーフは、容量が一定であり、バッチ検証の状況下では、検証にかかるコストはわずかであり、文献上は最も効率のよいSNARKに引けを取らない。また、われわれは、信用されていない「助手」でさえプルーフを束にしてさらに効率よく検証できるような助言を計算してはじき出せるほどの一般的に使える技法を記載した。」と書かれている。

このようなツイートを聞けば、コミュニティーがそれをカルダノプラットフォームに加えて欲しいと思うであろう。なぜなら、そうすればカルダノのスケーラビリティが向上し、総合的な魅力も増して、大衆に受け入れられるようになると思われるからである。しかし、これまでのチャールズ・ホスキンソン氏の反応からすれば、いずれ実装されるにしても、これにも時間がかかると考えられる。そもそもカルダノは科学的理念を根拠とするプロジェクトである。それゆえ、いかなる新しい概念もまず、カルダノ(ADA)に実装される前に査読を経なければならない。だからこそ、ホスキンソン氏のコミュニティーに対するここぞという時の反応は、「われわれは査読を受けることを通例としている。この作業へのこだわりがほかのプロダクトを生むことに繋がる可能性を高めるのだから。」

それでもなお、今やこのことはIOHKのトップに立つ人材の注目の的になっている。ということは、将来、カルダノにとってこれが現実となる可能性がある。最良の兆しが、そのことが4月のIHOKサミットの対象となっていることである。このサミットでそのことが協議されれば、ソニックがカルダノ・スタックに実装される確率は高くなる。

しかし、ソニックがなかったとしても、カルダノはすでに岩のごとく堅いプロジェクトである。現時点で、その分野では最良のプラットフォームブロックチェーンといえるであろう。スケーラブルでセキュリティにも優れ、あらゆる内容が査読を受けている。カルダノは最初に証明されたプルーフ・オブ・ステークアルゴリズム(ウロボロス)であることを誇っている。しかし、カルダノについて最高といえる部分は、その背景にいる重要な人材が現実世界のリアリティーを十分認識していることである。

カルダノは学術的なプロジェクトであり、主に技術的学問により進められていると考えられるが、認識を生み出すことにも長けている。たとえば、チャールズ・ホスキンソン氏は時間を裂いて今もなお、世界中を飛び回り、カルダノを広めている。この行動によって、エチオピア、ウガンダ、モンゴルなどの開発途上国に価値ある絆が育っている。その絆によって、カルダノブロックチェーンが急速に採用率を伸ばす日を見るような価値ある絆がそこにはある。この採用率が伸びていけば、それだけカルダノ(ADA)の価値も大きくなるであろう。

そのため、カルダノの長期的見通しは良好である。現時点ではあまり業績がよくないかもしれないが、それは暗号通貨市場の弱気相場が原因である。市場が強気に動けば、カルダノは容易に最高の業績を打ち出すプラットフォームの1つになれる可能性がある。カルダノ(ADA)が5ドルをつけるのも現実的に可能と考えられる。2017年の実績が、この市場ではいかなることも可能であることを示している。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。