こんにちは。

渡辺水華です。

2019年1月23日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) – Top Japanese crypto influencer praises Cardano: A plus towards awareness

記事の内容

カルダノ(ADA)、日本の暗号通貨トップインフルエンサーがカルダノを称賛。認知度に一歩前進。

2019年1月22日

技術面からみて、カルダノはその分野でも最良のプロジェクトの1つである。カルダノは科学的理念に基づいており、カルダノプロトコルはその根拠に裏打ちされ構築されている。これはとりもなおさず、ひとたびプロジェクトが完成すれば、最も力強いプラットフォームブロックチェーンの1つになることを意味している。カルダノはスケーラブルで、安全で、Shelleyがリリースされれば、最も分散化が進んだプロジェクトの1つとなる。事実、技術的観点から、カルダノはイーサリアム(ETH)に対する真の競合者として世に出ている。それゆえに、カルダノは今現在、特にその価格レベルからみても、注目に値する暗号通貨である。

しかし、カルダノが投資先として底堅い理由は技術面だけではなく、重要な市場から採用される可能性もかなり高い。たとえば、カルダノは最も重要な暗号通貨市場の1つである日本で大変人気があり、今後さらに人気を増すばかりにすらなっている。それもこれもみな、かの国の影響力のある人々から愛されているためである。

最近、日本で最も重要な暗号通貨のインフルエンサーの1人が本を出版し、そのなかで、著者はカルダノ(ADA)に関して大変、前向きである。著者は、いくつかのDappsがどのようにイーサリアムからカルダノへ移行するつもりであるかについて触れている。これはすごいことであり、日本のカルダノ(ADA)をとりまく盛り上がりにはずみをつける役割を演じることになりそうだ。日本は、韓国と中国とともに暗号通貨の価格に大きな影響を及ぼす国の1つである。これは、強気市場になれば、日本が他のアルトコインよりもカルダノ(ADA)の価格を早く押し上げる可能性があることから、(良い)売値を逃してしまうことへの恐れ(FOMO=fear of missing out)を生み出す確率が高いことを意味している。

日本以外でもカルダノはニーズの高い市場で牽引力を獲得しつつある。カルダノは開発途上国の金融運用システムとして完璧であろうと思われ、そのような市場でも牽引力を付けつつある。このことは、特にルワンダ、ウガンダ、エチオピアなどのアフリカ国家でカルダノが積極的な歓迎を受けていることからも明らかである。事実、カルダノは現在、ウガンダとエチオピアでブロックチェーンテクノロジーの教育訓練プログラムに従事している。その歓迎ぶりはすばらしく、両国とも政府は積極的にこの教育訓練への取り組みに関与している。モンゴルでも同じく、IOHKのCEOは過去に政府をあげての積極的な歓迎を受けている。カルダノが需要のある場所で採用される可能性が高いのは明らかであり、急速な成長を遂げる可能性は大きい。

そのような展望を鑑みると、カルダノの現在の価格はあまりにも過小評価されているように思える。それゆえ、ビットコイン(BTC)が強気に転じ、アルトコインも流れに乗れば、前回の強気市場で達成した価格を優に超える可能性がある。次の強気市場では、カルダノは5ドルを打って超える確率が非常に高いと考えられる。技術面でも多くのことを成し遂げてきたが、カルダノの認知度も2017年を超えている。カルダノ(ADA)は今後数年間もおもしろくなりそうだ。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。