こんにちは。

渡辺水華です。

2019年4月28日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) – Time to buy the dip as market comfortably absorbs Bitfinex news

記事の要約

カルダノ(ADA)、Bitfinexニュースがほどよく市場に飲み込まれるこの時に押し目買いもあり

2019年4月26日

ここ数時間の間に、いくつかの取引所でビットコイン(BTC)が5057ドルにまで落ち込んだことを皮切りに暗号通貨市場が下落している。これに続いてウォールストリートジャーナルの記事ではBitfinexが8億5千万ドル相当のテザーの裏付け資産を利用したことがニュースとなり、これを受けてすぐさまビットコイン(BTC)が10%を超える下落に見舞われた。アルトコインはこのニュースが市場を襲う前にすでに弱気相場に入っていたため、さらに大きな打撃を受けている。

しかし、最も興味深いのは、このニュースが市場を襲った数時間後にはビットコインが盛り返し、ある程度、アルトコインを支えるかたちになったことだ。これは今や市場がネガティブニュースに耐え得るようになった明らかな兆しである。投資家にとってこれは、ここ12時間の間に顕著な反落を示した強いアルトコインを積み上げるべきときであることを意味することにほかならない。そんな素晴らしいチャンスを提供してくれるアルトコインがカルダノ(ADA)である。

カルダノは現在、0.10ドルをトライした最近の高値を下回る0.069ドルで取り引きされている。カルダノを買う価値のあるコインにしているのは、完全分散化に向けて移行しようとする過渡期にあるという事実である。この過程は軌道に乗っており、最近市場を襲ったネガティブな値動きには影響を受けようがない。何かあってもちょっとした事故のようなものである。

2018年、IOHKは市場が最悪の弱気相場にあっても一貫してカルダノ(ADA)に取り組んでいた。基本的にIOHKチームは今や過渡期の最終段階にあり、約束を果たすことは保証されたようなものである。市場でのShelleyリリースへの期待に懸ける熱量を考えると、公式に完成が発表されれば、特にステーキング実装の面でカルダノの価格が顕著に上がるのは間違いない。

本質的に、情報通の投資家であれば、それ自体のファンダメンタルズには一切関係のない外的圧力によって価格が低く抑えられているときにカルダノを積み増そうとするであろう。長期目線ではカルダノが完全分散化され、スマートコントラクトが実装されれば、そのファンダメンタル・バリューの力によって必然的に価格が上昇するであろう。

このほか、あらゆるアルトコインと同じくカルダノもビットコイン(BTC)によってサポートされており、あらゆる兆候からビットコインがゆっくりと強気市場に転換しつつあることがわかる。強気相場を示す良き指標は、Bitfinexのニュースがビットコイン価格に悪い影響を及ぼしていないという事実である。実際にビットコインは5300ドルを上回るまで値を戻し、その勢いを保持すれば5500ドルを超えて、先のようなニュースの影響を効果的に打ち消す可能性もある。

ビットコインが上がればアルトコインも上がる。事実、本格的な強気市場に突入すれば、アルトコイン、特に強いニュースを携えるコインにあっては、高い利幅を取れる可能性がある。そんなコインの1つであるカルダノは先行馬として成功する存在である。取引価格は横這いかもしれないが、それでも2019年はカルダノが爆発し、新高値に挑む年となる可能性がある。

(要約:渡辺水華)
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。