こんにちは。

渡辺水華です。

2019年5月4日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) – Charles Hoskinson has every reason to want Cardano to succeed: It’s the beauty of capitalism

記事の要約

カルダノ(ADA)、チャールズ・ホスキンソン氏にはカルダノを成功させたいと思う正当な理由がある。それは資本主義の美学である。

2019年5月3日

最近、Atalaをめぐるチャールズ・ホスキンソン氏に対する批判が多い。このAtalaとは、IOHKが構築し、その使用に向けてエチオピアとのMOU(覚書)が締結され、許諾を受けたブロックチェーンである。Atalaは、顕著な採用率を誇るIBMのブロックチェーンを模倣しているため、大きな取引であるにもかかわらず、一部のコミュニティーには好ましく受け止められていない。

チャールズ・ホスキンソン氏もIOHKも、カルダノ上での最初の仕事を完了させずに、異なるプロジェクトに移行し続けているという思いがあるのである。批判の対象となっているのは、Shelleyが再び遅延し、いつリリースされるのかについて明確な報告もないという事実である。コミュニティーが知っているのは、「準備が整ったときがその時」という答えだけである。

このような事情も懸念すべき正当な理由であるが、チャールズ・ホスキンソン氏にもIOHKにもほとんどの投資家以上にADAを成功に導くべき大きな理由がある。それは何かと言えば、お金である!カルダノのほか、一般に暗号通貨に投資する人の大半はお金のために参入する。テクノロジーもモチベーションを押し上げる主な動機づけにはなるが、現実的には皆、そこからお金を生み出したいと思っている。これは実際には悪いことではない。ADAに関しては、それがチャールズ・ホスキンソン氏とIOHKに懸ける最大の理由だからである。

IOHKは20億を超えるADAを保有しており、これは最大のADA保有者でもあるということである。ということは、IOHKにもこれを成功させる大きなインセンティブがあり、カルダノが最高値に返り咲けば、チャールズ・ホスキンソン氏は一般の投資家以上に喜ぶであろう。これが実現すれば、同氏はとんでもない富豪になれるのだから。そうなれば、チャールズは簡単にフォーブスの世界長者番付の仲間入りをすることになる。こんなチャンスをホスキンソン氏が逃したいと思うだろうか。資本主義の本質ながら、皆、豊かになりたいのだ。チャールズ・ホスキンソン氏はすでに豊かであり、これ以上を欲するモチベーションなどないのではと言う見方もある。そのような類推には見落としがある。なぜなら、もしそれがそのとおりなら、世界の富豪たちは投資などしなくなるからである。

つまり、カルダノの開発は遅れてはいるが、チャールズ・ホスキンソン氏は一般の投資家よりも遥かにカルダノを成功させたいと思っている可能性が大きい。そう考えるとShelleyに遅延が生じたとしても、その背景に純粋に懸念があるからであると考えられる。Atalaも何らかの方法でカルダノブロックチェーンに接続され、カルダノ(ADA)の価値を押し上げる役割を担う可能性がある。チャールズ・ホスキンソン氏が自身を故意に破滅に追いやり、数年後に手にできるかもしれない数十億ドルを手にせずに終わろうと考えるはずがない。

このような資本主義的な動機により、カルダノ(ADA)を保有することは理にかなっている。Shelleyがリリースされ、Atalaがカルダノ(ADA)とどのような関係になるかが明確になれば、ADAは爆上げする可能性がある。このほかの要因として、ビットコインが再び6000ドル超をつけたところをみても、強気相場が戻ってきていると思われる。やがてはアルトコインもこれに倣い、その中でも際立つコインの1つであるカルダノは最大の利益を獲得する位置づけにある。

(要約:渡辺水華)
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。