こんにちは。

渡辺水華です。

2019年4月23日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano [ADA] pumps by 9% as plans of Ethiopian state-backed cryptocurrency rages market

記事の要約

カルダノ(ADA)、9%の価格上昇。エチオピア国家の支援を受けた暗号通貨計画に沸き立つ市場。

2019年4月23日

横這いの値動きの日々を経て、市場全体の時価総額が再び1800億ドルを超え、ビットコイン(BTC)は5350ドルのレジスタンスを突き抜けた。いくつかのコインがグリーンに変わり、トップ10の最後に挙げられているカルダノ(ADA)が際立つ上昇を見せた。キングコインにつられるように、カルダノ(ADA)はBTCの弱気相場により、値を下げた。しかし、ADAは独自のニュースによって上昇した。それが東アフリカに位置する国、エチオピアからのニュースである。

IOHKのCEO、チャールズ・ホスキンソン氏は、4月21日のAMAでコミュニティに向けて、エチオピア政府との了解覚書(MoU)が調印されたことを告げた。このMoUに基づいて、デジタル決済システムがエチオピアの革新・技術省との提携のもと設立される。

ADAは、同国の他の都市に先駆けて、最初に首都アジスアベバの住民によって使われる暗号通貨となる。 ADAは主に、ユーティリティ決済や公共交通手段に実装されるようになるであろう。

このような規模の金融プロジェクトとして政府と提携するようになれば、暗号通貨の大きなテストケースになり、さらに大規模な主権国レベルでの採用に繋がるであろう。このことについて、ホスキンソン氏は次のように言った。

「これは単なる架空の話ではなく、大志。これによって顧客を獲得したいものです。その点では政府の支援を受けた独占権といえます。」

カルダノはビットコイン[BTC]が5,500ドルをブレイクしたことによって押し上げられ、4月22日軽めに強気の値動きを示した。市場の取引が横這いではあったが、指標は弱気相場を逃れ、目立った下落はみられなかった。

顕著な価格の上昇は、ADAが0.0722ドルで取り引きされていた世界協定時刻(UTC)の8時に始まり、3時間以内に8.17%上昇し、0.0781ドルになった。次の上昇はUTCの12時に起こり、さらに上昇して現在、0.0797ドルを付けている。注目したいのは、ADAはわずかな押し目を付けて1回跳ね上げたのではなく、強気を維持し続けたことである。

その上昇以来、他のコインがわずかに利益を出すのみに留まっているときに、カルダノは24時間でUSドルに対し9.17%跳ね上がった。時価総額では2億ドル増、途中20億ドルをブレイクした。しかし、先週の市場調整と横ばいの値動きの前は、カルダノは21億8千万ドルであった。

ZBGでは、ADAの最高取引量がADA/USDTペアで総取引量の32%を占めている。他の際立つ上場取引所は、Binance、Upbit、Huobi Globalそして、HitBTCである。

(要約:渡辺水華)

(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。