こんにちは。

渡辺水華です。

2018年6月16日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) Losing Steam Fast: But the 1% Payback from Bithumb is a Winner for The Traders

記事の内容

カルダノ(ADA)、早々に失速するも、ビッサム(Bithumb)による1%還元キャンペーンがトレーダーにもたらす勝ち要因

2018年6月15日

科学的研究に裏づけられた暗号通貨、カルダノ(ADA)は今年の1月以降、売り圧力に押されてきた。市場のほとんどの暗号資産と同じくADA/USDペアも1月4日、5日に1.15ドルという最高値を付けたのち、下降トレンドに入り、0.12ドルという安値で取引される場面もみられた。このような経緯を経て、今週は赤い海を漂う暗号通貨市場の幕開けとなり、カルダノ価格が下落の波から免れることはなかった。

しかし、Bithumb取引所への上場がADAの救いの女神となり、その価格を0.173ドルという高値に押し上げた。Bithumbは、カルダノ(ADA)とステータスネットワークトークン(SNT)の上場を発表し、この両コインのツイッターのフォロワーたちに高揚感をもたらす原動力となった。この発表では、「カルダノ(ADA)とステータスネットワークトークン(SNT)が本日、Bithumbに上場します!」と謳われ、カルダノファンの1人が興奮まじりにこのように反応している。

「カルダノ、LOVEです。チームも構想もすごいし、技術だって、とてつもなく素晴らしいことは前置きするまでもない。」1人がツイートすると、別の暗号通貨ファンが、「このタイミングは完璧。Coinbaseのこともあるし、市場は盛り返すと信じている」という。

カルダノの短期の価格分析

カルダノ(ADA)は移動平均線のサポートとレジスタンスの間で取引されており、長期(100SMA)の上向きな動きが0.16ドル付近に迫るなか、50SMAが0.165ドルでサポートしている。カルダノは、Bithumb取引所への上場により急騰したのち、このトレンドが覆された。

大量の売りのさなか、推計学的理論に立ち返ると、近々、弱含みの相場に支配されるとの徴候が出ている。チャート上は弱気な相場が続いており、0.165ドルで弱いサポート(50SMA)を割る可能性が高い。しかし、0.164ドルもサポートラインとなっているものの、下げ相場が昨日得られた上げ幅を相殺することになれば、ADA/USDは0.158-0.154ドルをサポートラインとし、これも跳ね返りに必要なゾーンとなる。一方、それでもなお上向きな動きが100SMA(0.168ドル)に抑えられ、さらには0.172ドルに重要なレジスタンスが控えている。

ビッサム(Bithumb)による1%還元キャンペーンがトレーダーにもたらす勝ち要因

韓国の取引所、Bithumbは、コミュニティーへの祝福として、取引所にADAを預金した投資家に対するプレゼントも発表した。取引所は、6月14日(木)から6月16日(土)までに預金されたADAの全額に対して、1%の還元を実施するという。

知っておきたいカルダノの革新的なダイダロスウォレット

公式のカルダノ(ADA)ウォレットは、ダイダロスと呼ばれ、暗号通貨業界全体のなかでも、セキュリティーの高さと最高の機能のいくつかを誇るものである。このウォレットはマルチプラットフォームの階層的決定性(HD)ウォレットである。カルダノ(ADA)のトランザクションを保存し、トラッキングできるよう特別に設計されており、あらゆるトランザクションを記録するほか、ADAによるデジタル資産の送受信を可能とするものである。さらには、セキュリティーの脅威と闘うための暗号化された秘密鍵とパスワードを特長とする。ダイダロスウォレットでは、セキュリティーをさらに強化する機能とされる紙媒体の証明書へのウォレットのエクスポート、コールドストレージへの資金の送金も可能である。ADAの換金機能は、ダイダロスウォレットに組み込まれており、暗号化されているか否かを問わず、証明書が裏づけとなる。

(免責事項)
当情報は、通貨の宣伝や投資のアドバイスをするものではありません。過去の成績が将来のリターンを保証するものでもありません。投資の種類として、暗号通貨は投機的投資となり、暗号通貨への投資は重大なリスクを孕んでいます。ボラが大きくハッキングの被害にも遭いやすく、資本損失や二次的作用も受けやすくなります。投資をする前に忠告を聞き、リターンがリスクを上回る可能性があるかどうかを検討してから決断しましょう。

記者:John Isige
さまざまなニッチなトピックについて執筆する経験5年以上の多作なライター。FXStreet.comの暗号通貨関連ニュースの監修も手掛け、デジタル通貨市場のファンとして専門アナリストも務める。暗号通貨関連のブログの執筆経験は1年以上、暗号通貨、ICOの分析も手掛ける。このほか、さまざまな暗号通貨トークンのホワイトペーパーの制作に携わる。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。