こんにちは。

渡辺水華です。

2018年10月12日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) – Now is the best time to accumulate on ADA

記事の内容

カルダノ(ADA)- 今こそADAで積み立てを
長期投資としてのカルダノ

2018年10月10日

ADAの欠点の一つとして常に挙げられるのが、作動しているプロダクトがないことである。もう1つの欠点として投げかけられる批評が、まだ分散化されていないということ。しかし、長期投資家には、カルダノにとってマイナスと思われるこのようなあらゆる側面こそが、実際には良い投資理由となっている。なぜなら、ひとたびこのプロジェクトが完成してしまえば、ここに挙げられた課題などは、もはや問題ではなく、今日の価格の数千倍とは言わないまでも、数百倍になると目論まれるからである。その時点ではもう投資のチャンスも大きなリターンを得る機会もとっくに失われてしまっている。カルダノの投資によって飛躍的に最大のリターンを得ることができるのはまさに今、参入している人々なのである。

思考をまるごとベンチャーキャピタル企業のようにせよということである。このようなベンチャー企業は、まだ技術的プロジェクトが形成期にあるときに参入する。プロジェクトが大衆市場に出るときまでには、その時点からリスクを最小限に抑えつつ、常に資金に恵まれた状態になる。カルダノはこれと同じような機会を小口投資家に提供しようとしている。現時点ではカルダノは仕掛品であり、未だ分散化されておらず、作動もしていないプロダクトである。しかし、そんなことは短期的課題でしかない。

2019年の第四四半期までには、カルダノは今日ほとんどのブロックチェーンが格闘しているあらゆる問題をおおむね解決しているであろう。たとえば、カルダノは今日本当に難しい課題とされているスケーラビリティ問題を解決しつつある。広範なリサーチと査読というプロセスを経て、カルダノは、最初に科学的に証明され、検証されたプルーフ・オブ・ステークマイニングアルゴリズムとなるウロボロスを創出した。

このことがカルダノをビットコインと同じレベルの分散化とセキュリティを維持することもできるほどの高度なスケーラビリティを誇るプロジェクトたらしめている。それに加えて、カルダノロードマップ上では、2019年にはShellyが稼働するとある。これによってプロジェクトの真の分散化が実現し、ADAホルダーが自らのADAコインをステーキングし、不労所得を得る立場になる。このような計画が完成すれば、カルダノブロックチェーン上に複数の事業が参入し、アプリケーションの稼働が開始される。このようなあらゆる要因が、今後数年の間にカルダノの価値を押し上げる役割を果たすことになり、長期投資家たちが自らの投資に大きな利益をみることになるであろう。

ほとんどの人々にとって最大の難題は、カルダノプロジェクトの長期的可能性を概念化できないことにある。ほとんどの投資家たちが馴染んでいるファストマネー(短期スパンの取引、短期筋)という概念は、カルダノにはあまりそぐわないと思われる。なぜなら、カルダノは仕掛品であり、2019年中もその状態であり続けるであろうからである。

しかし、長期的にはカルダノは、過去に成し遂げたどの業績をとってみても、簡単に5ドルを超えることができる。今日までに成し遂げた開発がまだ終わっていなかったときでさえ、カルダノは1ドルを達成している。この業績を経たうえで、そのあらゆる開発が完成し、利益が得られるようになれば、簡単に価値が付き、5ドル以上の値を付けることも可能である。チャールズもIOHKも途方もない何かを構築しつつあり、長期HODLERたちも人生が一変するようなチャンスに出会えるかもしれない。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。