こんにちは。

渡辺水華です。

2018年11月22日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) – Like Sheldon Adelson, Cardano is still building in a bear market, and will emerge stronger

記事の内容

カルダノ(ADA)ーSheldon Adelson(シェルドン・アデルソン)のように。弱気市場にあって今もなお、自らを築き上げ、強さを増すカルダノ

価格崩壊をものともしないカルダノ(ADA)の向上

CryptoRecorder
by Nicholas
2018年11月20日

市場危機の時期にあっても自らを築き上げるには、強いビジョンが必要だ。しかし、そのようなビジョンをしっかりと持ち続ける者は必ず、最大の報酬を刈り取ることになる。その典型例が、億万長者のシェルドン・アデルソンである。2008年の金融破綻の最中、アデルソン氏は、他の億万長者よりも多くのお金を失った。同氏の会社の株価は、150ドル超から約1ドルにまで下落した。しかし、このようなことは一切、意に介さず、同氏は自らのビジョンを持ち続け、自己資金を会社に注ぎ込んだ。

こうして会社は、シンガポールにマリーナベイサンズを完成させることに成功したのだ。自らのビジョンを守りぬくことによって、同氏は以前よりさらに豊かになって戻ってきた。マリーナベイサンズは今や、シンガポールの目印になっている。このような筋書きは、暗号通貨市場からそうかけ離れたものではない。暗号通貨市場はこの1年はずっと弱気相場で、この1週間で状況がさらに悪化した。ほとんどのアルトコインは今や地に落ちたも同然となった。しかし、しっかりとした基盤の上に構築されたコインたちは、今も自らを築き上げており、市場に破綻が起きても一切動じることがない。相場の下落をものともせず、今もなお、自らを築き上げているのがカルダノ(ADA)なのだ。

カルダノ(ADA)は、2018年にその値を大きく下げてしまった。高値の1ドル超から現在は0.04ドルで取り引きされており、最高値だった時期から大幅な下落をみた。しかし、このような下落をものともせず、カルダノコミュニティは強く成長し、チームはカルダノ(ADA)のロードマップ上で一貫して自らを構築し続ける。今現在、IOHKチームは、カルダノチームを完全な分散化に向かわせるべくShelleyのリリースに取り組んでいる。

Emurgoチームも積極的にカルダノ上でのDappsの開発を促進している。市場の最前線でカルダノ財団は、さらに効率よく自らの役割を実行するため組織の再編成を計ってきた。このような内容がカルダノ本来の価値に付加されていく様は、2008年の金融危機に純資産の大部分を失った後、マリーナベイサンズによって純資産を大きく押し上げられたシェルドン・アデルソンや同氏の会社の姿を彷彿とさせるものがある。

ひとたび、弱気市場が終焉を迎えれば(そもそも永遠には続かない)、カルダノ(ADA)はかつての最盛期よりも良い立場に立つことになろう。この時にはカルダノは分散化され、Dappsがその上で実行される。カルダノの上昇と相まって、ブロックチェーンの認知度も高まりを見せるであろう。

それに加えて、ほとんどの主要ブロックチェーンの脆弱性がすでに市場に対して明るみに出ている。たとえば、主要なアプリケーションの構築を目指すあらゆる事業がイーサリアム(ETH)よりもカルダノ(ADA)上での実現を望むようになっている。なぜなら、カルダノ(ADA)はいかなる取引量をも処理できるほどのスケーラビリティを備えているからである。このことによってカルダノは、1年近くも主導権を握り続けてきた暗号通貨の弱気市場を強気市場が塗り替えるとき、現実的にその価値を上げていくチャンスをつかむ価値の高いブロックチェーンとなる。そのビジョンと開発は正当なものであり、カルダノに5ドルの価値を付けることも考えられる。チャールズの1兆ドルカルダノ構想が現実になれば、さらにその価値が高まる可能性すらある。

(注)シェルドン・アデルソン(Sheldon Gary Adelson, 1933年8月4日 – )は、アメリカ合衆国の実業家。
米カジノ運営大手、ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)CEO

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。