こんにちは。

渡辺水華です。

2019年1月14日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) – A high potential crypto that is highly underrated and misunderstood

記事の内容

カルダノ(ADA)は大変な過小評価と誤解を受けているポテンシャルの高い暗号通貨

2019年1月13日

昨日、IOHK(カルダノの支援チーム)のCEO、チャールズ・ホスキンソン氏は、このプロジェクトについて常に広まっているあらゆるFUDを物ともせずにカルダノを支えてくれるコミュニティに感謝の言葉をツイートした。チャールズが明言していたいらだちのほとんどが、カルダノはただのホワイトペーパーで、何もそのとおりに進んではいないという止むことのない語り草であった。チャールズのいらだちは、カルダノがこの12カ月間にどれだけのことを成し遂げてきたかを思えば当然のことである。カルダノはまじめなプロジェクトであり、何千時間もの時間をリサーチや科学的研究に費やし、それをこの第三世代プロジェクトの開発に注ぎ込んできた。カルダノがしてきたことのほとんどが、他のプロジェクトであれば何年もかかるようなことなのである。

カルダノが常に蔑まれてきた唯一の理由は誤解である。ほとんどの人々は2017年のバブル期以降に暗号通貨市場に参入し、投資する主な動機はその価格であった。価格が下落しはじめたとき、人々は価格を釣り上げるために大きな利益を謳ったパイプコインに救いを求めるようになった。ポートフォリオが90%も下落すれば、このようなプロジェクトに引きつけられるのも十分理解できる。カルダノはそんなパイプの道を辿ることは決してなかった。事実、価格が下落しても、IOHKチームはプロジェクトの技術面に注力した。カルダノ関連の発表はいずれも当然のことながらいつも技術的な内容であり、実際に普通の投資家を煽るようなことを発していない。カルダノ(ADA)の周囲にパイプ話があまり湧かない所以であり、そのような環境にあってもFUDは盛んになりがちで、それがカルダノ(ADA)の現状なのだ。

しかし、FUDは長期的にはカルダノ(ADA)には何の影響も及ぼさない。なぜなら、状況が物語るように、暗号通貨のパイプは衰退しつつあるからである。2017年に人々が描いた一攫千金への期待のほとんどが消え去ってしまった。投資家たちがブロックチェーンの何たるかがわかるようになるにつれ、じわじわとファンダメンタルズが浮上しつつある。このことにより、カルダノ(ADA)のようにファンダメンタルズが健全なプロジェクトが今年以降、数年にわたり、成長できる良い位置付けにある。カルダノはブロックチェーンの大衆による受け入れを阻んでいる問題に対する答えである。たとえば、ほとんどのPOWブロックチェーンがスケーラビリティ問題に直面している。カルダノ(ADA)は、ウロボロスと呼ばれる革新的なプルーフ・オブ・ステークアルゴリズムによってこの問題を解決している。これはただの普通のPOSアルゴリズムではなく、カルダノ(ADA)を安全で分散化されたスケーラブルなプラットフォームにするものである。これによって、カルダノは、ブロックチェーンが主流になるにつれ、成長に向けて独自のポジションに立つことになる。

そのような能力を備えていれば、カルダノ(ADA)が暗号通貨のトップ5に入るようになるのも夢ではない。事実、世に出たあらゆるブロックチェーンのなかでもカルダノ(ADA)は現実的にイーサリアム(ETH)に追いつき追い越す可能性が最も高い。

しかし、このポテンシャルは短期的には大衆には明らかにされない。カルダノ(ADA)を理解するにはブロックチェーンへの理解をさらに深める必要がある。それを理解する人が次なる暗号通貨億万長者になれる確率の高い人なのである。カルダノ(ADA)は初期の頃のビットコイン(BTC)に似ている。その技術を理解できた者だけがそこから巨万の富を得る者になれたのだ。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。