こんにちは。

渡辺水華です。

2019年3月13日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) could be the Google or Amazon of crypto

記事の要約

カルダノ(ADA)は暗号通貨界のGoogleやAmazonになる可能性がある

2019年3月11日

ドットコムバブルが弾けたとき、そこに価値ある何かが生まれるという期待はなかった。しかし、灰の中から立ち上がった数々の企業が今、グローバルビジネスを牛耳っている。Amazonのような企業が世界で最も価値ある組織へと成長し、一時期は時価総額が1兆ドル以上にまで昇りつめた。そのようなことがどのようにして起こったのか。それはただただ、ドットコムバブルが波に乗ってきた質の低い多くの企業とともに過熱する市場となったものの、それを裏付けるファンダメンタルズが何もなかったという事実に集約できる。同じ筋書きが暗号通貨界に描き出されているといえないか。

この1年の間、暗号通貨は深刻なまでの落ち込みを見せ、多くのプロジェクトの資金がショートし、基盤が揺らいでしまっている。このような状況が続けば、弱いプロジェクトのほとんどが復活は見込めないであろう。しかし、ファンダメンタルズが健全なプロジェクトにとってはさらに強化され、価値を高める絶好のチャンスである。そのようなプロジェクトは、ドットコム時代のAmazonやGoogleのごとく、強くなって姿を現す可能性がある。

これまで以上に強くなって現れる位置に立つプロジェクトの1つがカルダノ(ADA)である。まず、カルダノには、ブロックチェーンテクノロジーの採用を押しとどめる問題に対する解決法がある。たとえば、スケーラビリティ問題は、ブロックチェーンテクノロジーの本格的採用を遅らせる大きな障害となっていた。ブロックチェーンテクノロジーが大規模に採用されるには、中央集権型のシステムのスケーラビリティと同等かそのレベルを超えるスケーラビリティが必要となる。

査読を経たプルーフ・オブ・ステイクのウロボロスのおかげで、カルダノはスケーラビリティの高いブロックチェーンとなり、分散化を損なうことなくこれを達成することができる。これに加えて、IHOKの研究者らがウロボロスのサイドチェーンに取り組んでいる。これによって、カルダノのスケーラビリティはあらゆる中央集権型のシステムと張り合えるレベルにまでなるであろう。つまり、長い目でみれば、社会に分散化が根付き、カルダノの価値は数年をかけてこれと共に成長するということである。

そのうえ、IHOKチームはアジアやアフリカを中心に、世界のあらゆる場所で政府との関係を育てている。これはとりもなおさず、ブロックチェーンが社会に根付くにつれて、カルダノが中心となって、政策を形成し、カルダノが繁栄するのに好ましい環境を確実に作り出すということである。好意的な政府の政策を通して採用されるには、その国のほとんどの人に時間をかけてその価値が大きく成長するところを見せる必要があった。カルダノの価値を長期にわたり定着させるために。

そしてもう1つ、カルダノには開発を最後まで進められる資金がある。資金不足はほとんどのプロジェクトが消えてしまう理由のひとつである。カルダノはこの問題をクリアしている。なぜなら、2017年暗号通貨バブルの絶頂期に、IOHKがビットコイン(BTC)を売却したからである。そこで、IOHKは十分な資金を得、心置きなく最後までカルダノプロジェクトに取り組み、成功させることができるというわけだ。

このような要因の数々がカルダノが長期的に大きく成長する確率を現実的に高めていく。何年かかろうとも、カルダノは最終的には未来の分散型経済を定着させる可能性があり、大変な時期を耐え抜いた人々に大きく報いる可能性もある。

(要約:渡辺水華)

(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。