こんにちは。

渡辺水華です。

2018年9月27日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) – Geostamping research will lead to billion dollar applications on Cardano

記事の内容

カルダノ(ADA)ージオスタンピング研究がカルダノに10億ドルのアプリをもたらす未来

2018年9月25日

ブロックチェーンテクノロジーは未だ、揺籃期にあり、なすべきことが多い。今後、ブロックチェーンテクノロジーは、トランザクション台帳を超える存在になり、現在ではまだあり得ないほど多くの使用事例が得られるようになるであろう。このテクノロジーに未来への扉を開くため控えているのは、ジオスタンピング。これは、トランザクションの地理的な位置を示すデジタル記録を指すもので、GPSトラッキングを必要とするさまざまな業界でブロックチェーンテクノロジーの用途を開く、カルダノにとってはビッグチャンスなのだ。なぜなら、カルダノはブロックチェーンテクノロジーのジオスタンピングの研究にかけては最先端を行っているからである。カルダノ財団を通じて、カルダノは、スマート台帳のジオコーディングの使用を研究するオープンソースプロジェクト、Geognomoの一端を担っている。

“smart ledger geostamping: steps towards interoperability(スマート台帳のジオスタンピング:相互運用性へのステップ[仮訳])”と題される論文のなかで、カルダノ財団は、ブロックチェーンテクノロジーでのジオスタンピングのさまざまな使用例を検討している。この論文で言われている潜在的な使用例としては、とりわけ、配送産業、車両トラッキング、サプライチェーンマネジメント(供給連鎖管理)、保険業界などでの使用が挙げられる。たとえば、サプライチェーンマネジメントでは、ブロックチェーンを利用して、船舶に積載した貨物のトラッキングにジオスタンピングを使用することができ、これによって、この業界のコストを削減できるようになる可能性がある。ここに大きなマージンが発生し、この暗号通貨(ADA)の価値の上昇が見込めるようになる。

では、カルダノ(ADA)はどのようにして、このジオスタンピングの研究に組み込まれていくのだろうか。カルダノはジオスタンピング研究の要となっているため、この分野の突破口を開けば、カルダノブロックチェーン上にジオスタンピングを活用したアプリを構築し、展開することが可能となろう。たとえば、カルダノ上でのライドシェアアプリの展開である。実質的に、カルダノ上にUberのようなアプリを創出することが可能になる。これだけでも10億ドルのアプリであり、ひとたびブロックチェーン上のジオスタンピングが現実のものとなれば、カルダノ上で構築できるアプリがさらに多くなる。

Geognomo研究の一端を担うことが、将来、世界を変える手段を備えたブロックチェーンとしてカルダノが妥当であることの証となる。カルダノはその誕生からわずか1年ながら、その短期間に多くを成し遂げてきた。これまでの主要な業績としてほかには、最初に実証されたプルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズムのウロボロスをとおしてスケーラビリティ分野での突破口を開いたことも挙げられる。他のプラットフォームのブロックチェーンに付き物の非効率性を排し、あらゆる種類のアプリケーションを市場に送り出すのにカルダノブロックチェーンを使用することができるという意味で、このことによる影響が大きいことがわかる。カルダノにとってこのような側面がジオスタンピングやカルダノの量子耐性と結びつけば、間違いなく、カルダノブロックチェーン上で10億ドルのプロジェクトが繰り広げられることになるであろう。

投資家にとっては、このような内容のいずれをとっても、カルダノが革命をもたらす何かを構築するプロジェクトであるという自信につながる。カルダノロードマップが形になるにつれ、この暗号通貨(ADA)の価値が、世界最良の暗号通貨の1つとして台頭するであろう。カルダノ(ADA)上に構築される革命的なアプリが将来、このプロジェクトを1兆ドルのプロジェクトにしてくれる可能性もある。

しかし、これは長期的な見通しであり、短期的には、カルダノの価値は概ね、現在の市場変動と連動することになる。たとえば、今日のカルダノ(ADA)は下降トレンドに入っており、1日で約8%値を下げた。しかし、1つ明確に言えるのは、ひとたび市場がこれまでよりも安定した跳ね返りを見せれば、カルダノ(ADA)は最大の利益をもたらす通貨の1つになる。その強いファンダメンタルの数々が、市場の他の通貨と比例して、その勢いを加速させることになる。カルダノがそのロードマップの内容を実装し、ブロックチェーンテクノロジーのさまざまな革命的側面に関わり続けるかぎり、カルダノ(ADA)にとってはそれは興味を引かれる未来なのである。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。