こんにちは。

渡辺水華です。

2019年1月12日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) – Everything going on smoothly from Berlin to Uganda: Reason to be bullish on ADA

記事の内容

カルダノ(ADA)、ベルリンからウガンダまで何もかもがスムーズに。ADAに強気相場が訪れる理由。

2019年1月9日

IOHKチームはこの年、カルダノの成功を目指して、好調なスタートを切った。昨日、IOHKのCEO、チャールズ・ホスキンソン氏は、社内ワークショップのため、ベルリンへ向かう途中であることをツイートした。ワークショップの内容は、Shelleyのリリースに備えてカルダノの委任システムの仕組みを表すデザインを最終的に決定することである。本日、チャールズは、このワークショップはとてもうまくいっていると再びツイートした。これはShelleyが軌道に乗っていて、今四半期内にもリリースされることを意味すると解釈できる。

何千マイルも離れたウガンダでもかなりの好調ぶりを見せている。IOHKの教育部門長のLar’s Brunjes氏がウガンダにいて、ウガンダの生徒たちに教育プログラムを実施している。この教育プログラムもこれまでのところ上手くいっている。これは、ウガンダ政府やエチオピア政府からの支援を受けているためでもある。これを証明する事実として、このプログラムに参加している4人の生徒がエチオピアに派遣されるウガンダ大使と会い、優しく言葉をかけられ、ブロックチェーンエコシステムでウガンダとエチオピアを立派に代表する人になってほしいと言われている。これは、開発途上国のカルダノへの意識と定着に向けた明るい一歩である。

カルダノ(ADA)の投資家にとって、いずれもカルダノ本来の価値を高め、長期的な成長の見通しを向上させる明るい一歩である。Shelleyに向けた前進を皮切りに、Shelleyがリリースされれば、カルダノが完全分散化への軌道に乗り出すことができる。投資家たちは、カルダノのガバナンスに参加しながら、ADAをステーキングし、不労所得が得られる立場に立つことになる。ADAのステーキングによるインセンティブが、第二四半期に向けてADAの需要を押し上げ、ひいては価格も押し上げる。これが、投資家たちにとって大きな強気シグナルとなるShelleyリリース直前にあらゆるものを収穫するためのIOHKチームによる現在の取り組みを作り出している。

カルダノがウガンダやエチオピアのような開発途上国で受けている歓迎も長期的成功に向けての明るい一歩となる。根本的に開発途上国の人々の運命を変えるも変えないもカルダノ(ADA)に掛かっているからである。このような人々は、従来の銀行システムに接続されておらず、そこから十分な恩恵を受ける道が断たれている。カルダノは、そのような社会にブロックチェーンを活用し、カルダノブロックチェーン上でニーズを満たす最善の機能を果たすような金融ソリューションを構築する機会を提供している。開発途上国の金融に存在する大きな欠陥を考えると、カルダノの需要は大きくなる可能性があり、ADAの価値にも大きく響く。

このような事実があまねくカルダノブロックチェーン上で強気となる底堅い理由である。このほかにもカルダノはプラットフォームブロックチェーン業界の先端をいくことができる強みがたくさんある。たとえば、量子耐性は、カルダノを長期にわたりきわめて安全に保つ強みである。なぜなら、量子コンピューターが現実になれば(そうなる日は近い)、ブロックチェーンが脅威にさらされるからである。その時点で量子耐性はカルダノなどの量子耐性のあるブロックチェーンにとって大きな売りとなる。

カルダノは、長期的に成功する確率が平均を上回るアルトコインである。強気相場が戻れば、現実的に史上最高値の頃かそれ以上の価格にトライする見込みがある。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。