こんにちは。

渡辺水華です。

2018年5月19日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) to Beat Bitcoin (BTC) and Ethereum (ETH) in 1 Year: Charles Hoskinson

記事の内容

カルダノ(ADA)は、1年後にビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を凌駕する ~チャールズ・ホスキンソン氏の信条~

2018年5月14日

カルダノ(ADA)の創設者、チャールズ・ホスキンソン氏によれば、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)より優れたコインを獲得する夢は、1年後にも現実になろうとしている。ADAが時価総額ランキングで7位になり、記事の見出しを飾るようになってから2~3日も経たないうちの発言である。

カルダノ(ADA)の公式なローンチは、長い間きっかけを待っていたかのようにADAの隠されたポテンシャルに拍車をかけたと思われる。ここ数ヵ月間の履歴データをみると、ADAは激動の時を経た後、未だ顕著な回復を見せていない。1月から2月の大暴落の間に得られた利益が減少し、まだ損失を取り戻したとはいえない状況である。

カルダノ(ADA)創設者へのインタビュー

暗号通貨はいずれも、時価総額と根底にあるインフラによってその規模が判断されている。ここ数ヵ月間、カルダノはADAをとりまく議論をよそに、その技術(開発)に集中的に取り組んでいる。ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)は常に、その時価総額の規模ゆえに市場では優位を占めてきた。チャールズ・ホスキンソン氏によれば、そんな状況も1年後にはカルダノによって覆されるという。

現時点でカルダノが7位を占めるに値する正当な理由の説明を求められたホスキンソン氏の答えは、すがすがしいほど明確であった。

「なぜ誰もが時価総額の順位によって価値を決めるのですか。ビットコインは支払いや両替の手段として周知されているために、皆、その目的のためにビットコインを用いようとしてきましたが、それは無残な失敗であったと言えるでしょう。普通に考えても、皆、ビットコインの取得を止めるか、キャッシュ(現金)が得られる方法を探すでしょう。Bitpayのように独自の仕組みを創出してでも。イーサリアムも世界のコンピュータと謳われていますが、そうなる頃にはCryptoKittyに負けています。」

暗号通貨市場は投機的性質を帯びてはいるが、どのコインにも共通することがひとつある。それは「世界を変える」ということである。しかし、この夢も、現在のシステムが刷新されず、消費者中心にならないかぎり、達成することはできない。

カルダノ(ADA)の成長の見通し

チャールズ・ホスキンソン氏によれば、カルダノ(ADA)の成長の見通しは、人々の見解に基づいて決められる。ADAを採用する者は、ネットワークの背景にあるチーム、理念、そして科学に注目している。ホスキンソン氏はさらに、「エコシステムがその本分を発揮する方法とは、現在の前向きな評判によって市場のリーダーにも競争者にもなれるようにすることです。」と語る。

ホスキンソン氏にとって、この半年から1年は、ビットコインやイーサリアムを相手にカルダノが力をつけ、この二者を凌駕するようになる期間であるということである。ロードマップの公開と頂点に昇り詰める能力が眠れる巨人を一変させる要因となる。

カルダノ(ADA)の市場へのルートは明確に示され、ホスキンソン氏は今後50年もの間使われるプラットフォームを見通している。これを踏まえ、ホスキンソン氏は、カルダノがアフリカ、南米およびカリブ海地域へと進出することを明確に述べている。この目的のため、ADAは他の開発途上国の金融システムを補完するものとなろう。

カルダノ(ADA)の今後のセキュリティー機能

インタビューのとき、ホスキンソン氏は、セキュリティーとはまず、投資する暗号通貨が正しいものであり、プロトコルが業界の最適な実技を用いたものであることを確認することから始まると主張している。査読(同僚評価)というコンセプトを用いて、システムの安全が確保される。これは、ウロボロスのプルーフ・オブ・ステイクに加えて用いられるコンセプトである。

ミートアップ、ポッドキャスト(ポータブルメディアプレーヤーやコンピューターにダウンロードして視聴するコンテンツ)、刊行物をとおしてシステムの仕組みについてユーザーを教育することは、システムのセキュリティーを確保するのに大いに役立つであろう。

ユーザーがダイダロスの仕組みやコールドストレージの利点を明確に理解するようになれば、セキュリティーの侵害という問題は激減するであろう。

マルチシグハードウエアウォレットやペーパーウォレットの導入によってシステムの安全が守られ、ユーザーも心配せずにオンライン上で資産を動かすことができるようになる。

Bittrex取引所へのカルダノ(ADA)の上場

Bittrex取引所への上場は、カルダノ(ADA)にとって大きな節目であり、取引所の信用と世界への進出により、市場へ押し出されるようにADAの取引量が増大した。ADAを他の取引所に上場させるかどうかを聞かれたチャールズ・ホスキンソン氏は、上場させるとしても全く新しい規約のもとにそうすること、ADAがさらに多くの取引所に上場するまでには、しばらく時間がかかるであろうことを主張する。

公開前に多くの取引所にカルダノを上場させれば、その多くの取引所に対応するべくウォレットを新たに最適化することになっていたであろう。しかし、今は上場に向けて全力を尽くす時である。取引所の話は現在も展開されており、カルダノ(ADA)の行く道にさらに良き時代が訪れるであろう。

チャールズ・ホスキンソン氏は、カルダノプラットフォーム(の開発)は順調に進行しており、いずれ、時価総額、機能性、ユーザーエクスペリエンス、世界的に広がる活動への取り組みという面で、ビットコインやイーサリアムを凌駕するであろうと考えている。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。