こんにちは。

渡辺水華です。

2018年4月6日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
Cardano Price Technical Analysis – Can ADA/USD Correct Higher?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano Price Technical Analysis – Can ADA/USD Correct Higher?

記事の内容

カルダノ価格のテクニカル分析
ADA/USDは修正され上昇することができるのか。

主要なハイライト

・ADAは0.1600ドルレベルを下回る価格に落ち着き、今現在USドル(Tether)に対し、弱気ゾーンに入っている。

・ADA/USDペアの1時間足チャートでは、0.1540ドルのレジスタンスで、重要なコントラクティング ・トライアングル(三角保ち合い)が形成されている(Bittrex経由のデータフィード)。

・ADA/USDペアが上向くには、0.1500ドルと0.1550ドルのレジスタンスレベルをブレイクする必要がある。

・カルダノ価格はUSドルとビットコインに対して揉み合いながら上昇しようとしている。ADA/USDが近い時期に新たに回復し始めるには、0.1550ドルを超えて返り咲き、留まる必要がある。

カルダノ価格上昇を阻む障害

USドル対ADAの価格は、0.1800ドルというスイングの高値からさらにロスを被った。価格は0.1500ドルと0.1400ドルレベルを下回り、レッドゾーンへと深く入り込んだ。0.1300ドルレベルに向けて取引されたのち、上向きに修正され始めた。中間のスイング・ローは、0.1378ドルで形成され、そこから現在の上昇波が始まっている。

この上昇波は、0.1589ドルの高値から0.1378ドルの安値までの最後の下降の38.2%のフィボナッチ・リトレースメントレベルを上回った。しかし、この上昇は、0.1500ドルレベルによって抑えられた。さらに、0.1589ドルの高値から0.1378ドルの安値までの最後の下降の61.8%のフィボナッチ・リトレースメントレベルがレジスタンスとして作用した。現時点では、ADA/USDペアの1時間足のチャートでは、0.1540ドルのレジスタンスで、重要なコントラクティング ・トライアングル(三角保ち合い)が形成されている。ADA/USDペアが今後回復するには、0.1540ドルと0.1550ドルのレジスタンスを上回る必要がある。

しかし、適正に0.1600ドルレベル超えに近づけば、上昇波を起こす大きなきっかけになるであろう。0.1550ドルレベルを上回らなければ、再び0.1400ドルに向けて下降する可能性があり、0.1400ドルを下回れば、ADAがさらに安値で取引されるリスクがある。

1時間足MACD – ADA/USDのMACDは、強気ゾーンへの勢いをつけるべく揉み合っている。

1時間足RSI – ADA/USDのRSIは、35レベルに向けて下降している。

主要サポートレベル – 0.1400ドル

主要レジスタンスレベル – 0.1550ドル

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。