こんにちは。

渡辺水華です。

2019年1月1日に公開したYouTube動画です。

【引用元】
(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Cardano (ADA) & Basic Attention token (BAT) – Practical investments for long-term thinkers

記事の内容

長期投資家に実用的
カルダノ(ADA)とBasic Attention token(BAT)

2018年12月31日

投資家には、いわゆる短期トレーダーと長期Hodlerと言われる2種類の人々がいる。両者の違いといえば、短期トレーダーはファンダメンダルズにはそれほど注目する必要がないということである。目標といえば、市場の方向性を判定するべくあらゆる時点で気運を読み取ることであり、気運が正しく読めてさえいれば、いかなる暗号通貨にも投資することができ、そこからお金を稼ぎ出せればいいということになる。しかし、長期的利益のため、暗号通貨に投資したいと思う人にとっては、ファンダメンダルズこそが重要である。ファンダメンダルズが弱い通貨をHODLしていると、長期間の間に価値が失われてしまえば、大きなキャピタルロスを発生させることになりかねない。ファンダメンタルズ面で市場を判断した場合、長期投資家にとってベストチョイスといえる暗号通貨として浮かび上がるのが、Basic Attention token(BAT)とカルダノ(ADA)である。その理由とは…

Basic Attention token(BAT)

Basic Attention tokenとそのBraveブラウザは、あらゆるインターネットユーザーにとって課題となりつつある問題点を解決するものである。ここ何年かの間に、オンライン広告の非効率性が増大しており、広告のターゲティングが正確性に欠けるため、広告主が広告費のわりに稼ぐことができないという事態を招いている。インターネットユーザー側も、自身には何の利益ももたらされずユーザーデータをマネタイズされているのに、無用の広告による攻撃を受け続けている。

Braveブラウザはこのような問題をことごとく解決し、市場での採用率を伸ばし、月に何百万ものユーザーを増やしている。2~3年後には、Braveは主要ブラウザに成長し、Braveブラウザ上で使われるトークンであるBasic Attention Token(BAT)に大きな価値を付けるようになる可能性がある。これがBATを長期にわたり保有する価値があるとする理由である。どれだけ弱気市場が続こうと、Braveが採用率を獲得し続けるかぎり、BATが成功を収め、長期的に投資家に報酬をもたらす見込みがある。

カルダノ(ADA)

もう1つ、カルダノ(ADA)も、長期的にみて保有しておく価値のある暗号通貨である。カルダノ(ADA)は、構築に時間はかかるが、そのチームが構築しているのは、業界全体に革命を起こしかねないようなプラットフォームである。2020年にカルダノプロジェクトが完成すれば、市場で最もスケーラブルで多様性のあるプラットフォームブロックチェーンの1つとなろう。実際にカルダノは今日のブロックチェーンが抱えるあらゆる問題を解決してきた。たとえば、PoSアルゴリズムを用いたエネルギー問題の解決である。

エネルギー消費は、BTCのようなPoWによる暗号通貨のほとんどが直面する最大の課題となっている。最も素晴らしいのは、カルダノ(ADA)のPoSアルゴリズムがPoWと同じようにセキュリティーが高いことが科学的に証明されていることである。このアルゴリズムは、カルダノのスケーラビリティを容易に高め、大規模なアプリケーションでの実用を可能にする。

カルダノは、量子コンピューターによりもたらされる可能性のある脅威に対するソリューションも備えている。カルダノ(ADA)のロードマップ
の一部は量子耐性に関するものであり、ほぼ完成している。このことは、カルダノが今後、ほとんどのブロックチェーンプロジェクトにとって課題となる量子コンピューター問題から保護されていることを意味する。このような能力と相まって、企業のブロックチェーンに対する関心が高まってくれば、将来に向けて成長するにあたり、良好な位置づけにあり、アプリケーション市場に普及するにも良い位置に存在するといえる。

要約:渡辺水華
(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。