こんにちは。

渡辺水華です。

2019年2月19日に公開したYouTube動画です。

【引用元】(英文記事)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://u.today/5-most-promising-cryptocurrencies-with-high-potential-in-2019

https://cryptoglobalist.com/2019/02/18/cardano-ada-iota-miota-two-projects-that-make-sense-to-hodl/?amp

https://toshitimes.com/importance-of-peer-review-in-cryptocurrencies/

記事の要約

(U.TODAYの記事の一部)
2019年、ポテンシャルが高い前途有望な5つの暗号通貨

CoinMarketCapに存在する2000種類ものコインのうち、
最も前途有望な暗号通貨とは?

2018年の暗号通貨市場は惨憺たるものであったが、それでも前途有望な素晴らしい暗号通貨が多く、U.Todayでは、ファンダメンタルの有利さやプロジェクトのエコシステム内での主な開発内容など、数々の要因を考慮に入れ、CoinMarketCapからポテンシャルの大きい暗号通貨を5つ決定した。

カルダノ(ADA)
リップル(XRP)
Waves(WAVES)
Bimance Coin(BNB)
IOTA(MIOTA)

カルダノ(ADA)
カルダノはイーサリアムよりも優れているとされるスマートコントラクトプラットフォームである。元イーサリアムの開発者、チャールズ・ホスキンソン氏により率いられるプロジェクトであることが注目される。カルダノは以下の点でイーサリアムを凌駕する。

スケーラビリティー
ビットコインと同じくイーサリアムには主流なコインとして採用されるほどの十分なスケーラビリティーがない。イーサリアムが15TPS(秒あたりのトランザクション数)であるのに対し、カルダノは200TPSである。

スマートコントラクト
Solidity(ソリデティー=コントラクト指向言語)はスマートコントラクト上で普及するとされているが、セキュリティー上の欠陥が多い。Haskell(ハスケル)によって、カルダノはかなりセキュリティーの高いブロックチェーンになる。

相互運用性
カルダノ上では異なるブロックチェーンが相互に連携することができる。相互運用性によってトランザクションでのコンプライアンスが保証されるため、カルダノの採用率が高まる。

2018年、ADAは95%も下落し、Shelleyのリリースも果たせず、コミュニティーは落胆したが、1.4のアップデートにより、プロジェクトは流れに乗り始めた。ホスキンソン氏によれば、2019年第一四半期は、Shelleyの最後の目標であるマルチシグトランザクション、ペーパーウォレット、量子耐性などに取り組む最後のフェーズであり、またPoSアルゴリズムへの移行が強気相場をもたらすという。カルダノのウロボロスがPoWアルゴリズムが抱えるエネルギー消費問題を過去のものにするであろう。

昨年とは対照的に2019年はカルダノに大きな成長をもたらし、4月17-18日のIOHKサミットでは最新のロードマップの発表が期待される。

現在のカルダノの価格(0.04ドル)はこのプロジェクトの真の価値を反映していないという意見は多い。よって今年こそはカルダノが自らの大砲を発射すべき年である。

(要約:渡辺水華)

(注:要約文の二次利用はご遠慮ください。)

免責事項

【免責】投資は自己責任でお願いします。
【免責事項】
・本動画の内容については正当性を保証するものではありません。
・本YouTubeチャンネルを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・内容によっては期限が限られているため、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いします。